ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

地球から14光年に「生命の存在可能な惑星」発見 14光年って近い?遠い?

time 2015/12/21

地球から14光年に「生命の存在可能な惑星」発見 14光年って近い?遠い?

 地球から「わずか」14光年の「至近距離」に地球型惑星がみつかりました。
 地球から14光年にある「ウルフ1061」を周回する惑星のひとつです。

 我々と同系の生命の存在には水の存在が欠かせません。
 しかし、水は100度以上では大気に拡散し、0度以下では氷に閉ざされます。
 「水」が存在するのは、恒星との距離が絶妙な惑星に限られます。

 「水」が液体で存在し得る、最も近い惑星が発見されたのです。
 研究者はその「近さ」から調査の可能性にも言及しています。

 しかし「わずか」な「至近距離」といえる距離。
 この「14光年」はどれだけ「近い」距離なのでしょうか。

sponsored link
光年とは光の速さで1年掛かる距離

 まず、大前提として「光年」は距離を表わす単位です。
 たまに「期間」と勘違いしている人がいますので、注意してください。
 「光年」は日常的に使う単位ではないので、仕方ないかも知れません。

 「光年」は光が1年間に進む距離を「1」としています。
 アインシュタインの相対性理論では、光の速さは一定だとされています。
 そのため、一定時間に進む距離は常に同じになり、距離の単位となるのです。

 その距離は約9.5兆キロメートル、9,500,000,000,000,000メートルです。
 14光年というのは、133,000,000,000,000,000メートルです。
 数字の上では近いのかどうかもわかりません。
 もう少し、実感の沸きそうな距離に置き換えていきます。

太陽系の端っこまでで1.5光年

 光は1秒間に地球を7周半します。
 地球の一周は4万キロメートルですから、1光秒は30万キロメートルです。
 地球上の距離で「光年」を持ち出しても、全然使えません。

 月までは光の速さで1.2秒掛かります。
 太陽までは光の速さで8.3分掛かります。

 太陽系の一番外側の惑星 海王星までは太陽から4.2光時掛かります。
 太陽系の一番外側の「オールトの雲」までは太陽から1.5光年掛かります。
 ちなみに、太陽から海王星まで45億キロ、オールトの雲まで14兆キロです。

 実は、惑星系は太陽のすごい「近く」に存在していたんですね。
 オールトの雲までは、海王星までの距離の300倍もあるのです。
 太陽系は海王星の先の先まで、桁違いの距離まで広がっているのです。

14光年は銀河からすれば「わずか」な距離

 太陽系から一番近い恒星はアルファ・ケンタウリで4.2光年です。
 夜空で一番明るい星 シリウスまでは8.6光年です。
 ちなみに14光年離れた「ウルフ1061」は40番目くらいに近い恒星です。

 14光年も離れた「ウルフ1061」は隣の銀河にあるのか?
 ご安心ください、銀河の直径は約10万光年とみられています。
 地球から14光年など、銀河の片隅の「わずか」な距離に過ぎないのです。

 ちなみに、隣の銀河である「アンドロメダ銀河」までは約240万光年。
 SFによくある「別の銀河から来た」はどれだけの長旅を意味することか。
 想像力を働かせながら観ると、違ったスケール感が味わえます。

14光年という距離を調べるということは?

 14光年先の惑星を調査するといっても、探査機を送るのは難しいです。
 人類が史上最遠まで送り出したのはボイジャー1号です。
 その距離は、1光日にも達していません。

 もしも光の速さで進む宇宙船を作れたら、1日で追いつくということです。
 現在の技術で、14光年先の惑星に探査機を送ることは現実的ではないです。

 調査というのは主に望遠鏡による分析になります。
 14光年離れているということは、見えているのは14年前の星の姿です。
 仮に、今この瞬間に惑星が消滅しても、地球の夜空から消えるのは14年後。
 そういう時間差がある中で調査をするということになります。

14光年はなぜ「わずか」な「至近距離」なのか?

 14光年という距離がどれほどの長さなのか、わかって頂けたでしょうか。
 太陽系の他の惑星から比べたら、「遥かかなた」にある惑星です。
 それでも、地球型惑星としてはこれまでにみつかった中で最も近いのです。

 一般人の感覚ではこの「わずか」な「至近距離」の感覚はわかりません。
 でも、研究者にとって「わずか」な「至近距離」なのはわかります。
 それだけ、今後の研究に期待してもよいということでしょう。

 ちなみに、NASAは原理不明の新型エンジンの検証実験に成功しました。
 実現すれば4.2光年先のアルファ・ケンタウリまで100年でいけるとか。

 ⇒謎のエンジン「EMドライブ」実現か? 月まで4時間、アルファ・ケンタウリまで100年?

 これ、14光年先なら300年で行けるということになるのでしょうか。
 近いような、遠いような、それでも現実味の沸かないのが14光年です。

sponsored link

down

コメントする