ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

夫婦別姓は合憲 批判する声に感じる3つの違和感を整理する

time 2015/12/17

夫婦別姓は合憲 批判する声に感じる3つの違和感を整理する

 「夫婦は夫又は妻の氏を名乗ること」という民法は憲法違反なのか?
 最高裁で判決が出て、夫婦同姓は「合憲」と判断されました。

 海外では女性差別撤廃の観点から選択的夫婦別姓の導入が進められています。
 国連からも2度に渡って、夫婦同姓とする民法の改正を勧告されてきました。

 今回の裁判は夫婦同姓を定めた民法が憲法違反であるかを問うたもの。
 その結果は合憲となり、憲法違反には当たらないと判断されました。

 原告弁護団をはじめネット上でも多くの批判の声が上がっています。
 合理性を問う声から精神論までさまざま。

 ただ、違和感を感じる主張も多々あります。
 反対派は「姓を変えることでアイデンティティが失われる」と批判します。
 しかし賛成派の「別姓では家族が崩壊する」には「合理性がない」と反論。
 合理性を問うなら、「アイデンティティが失われる」の合理性は、、、?

 批判の声に感じる違和感を3つにまとめました。

sponsored link
「女性差別」が前面に出ることの違和感

 夫婦同姓がほとんどのケースで夫の姓を名乗るというのが現在の状況です。
 だから、夫婦同姓は女性差別であるとするのが国連や反対派の主張です。

 しかし、今回の合憲判決に絞ってみれば、この主張は的外れです。
 民法では「夫婦は夫又は妻の氏を名乗ること」とされています。
 「妻の氏を名乗ること」も許容されている以上、男女平等となっています。

 この民法を違憲とするなら、その理由は何になるのでしょうか。
 多くの人が夫の姓を名乗るのは、夫の姓を名乗ることを選択したからです。
 それをもって「女性差別」であるとして、違憲判決とするのでしょうか。

 もし将来、価値観が逆転し多くの人が妻の姓を名乗るようになったなら。
 考えれば「女性差別」はこの民法が違憲である理由になりません。
 裁判には客観性と合理性が不可欠ですから、違憲にする理由がありません。

 これは文化的な問題です。
 憲法違反かを問えば合憲ですが、憲法は夫婦同姓を強制していません。
 あとは法律と、文化の問題です。
 それは国会と日本国民がどうにかすべき問題なのです。

 そこに「女性差別」を持ちこむから違和感がわくわけです。
 今回は憲法違反を問う裁判、ここははっきりと分けなければなりません。

女性裁判官は全員が違憲としている!に違和感

 今回の最高裁判決では15人の裁判官の内、3人が女性でした。
 3人の女性は全員が「違憲」と判断したことが取り上げられています。
 これを以て、男性中心社会が女性差別を握り潰したとする批判もあります。

 しかし、その批判の声こそが女性差別です。
 裁判結果に性別が影響しているということを言っているわけです。
 つまり、女性裁判官は女性的視点で判断を行うと、言っているわけです。

 裁判は法や憲法に照らして客観性と合理性に基づいて行われるものです。
 女性裁判官は女性原告を贔屓するのでは、裁判官とは言えません。
 それでも主観を完全に抜くことはできないから、複数の裁判官で決める。
 そこに男性か女性かは関係ないはずだし、性別に注目するのは失礼です。

 また「最高裁判所裁判官国民審査」があります。
 最高裁判所の裁判官は、国民によってふさわしいとされた人物です。

 国会議員と違って、選挙区があるわけではなく全有権者が一律審査します。
 「合憲」と判断した裁判官を悪しざまに言うのは、有権者への侮辱です。
 気に入らないのなら、審査で不適格とすれば良かったのですから。
 気に入らない判決が出たときだけ不適格と言うのは、都合が良すぎです。

同姓の強制で精神的苦痛を受けたに違和感

 そもそも裁判のきっかけとなったのは国へ賠償請求を求めた裁判でした。
 原告は夫婦同姓の強制により「精神的苦痛を受けた」と訴えました。

 この精神的苦痛というのがピンとこないのです。
 ビジネスで姓が変わることで影響が出るというのは理解できます。
 しかし、結婚後も旧姓を使い続けることは多くの場面で認められています。
 旧姓を「通名」とすることは、広く理解されているみてよいでしょう。

 各種名義変更がわずらわしいという批判の声もありました。
 しかし、結婚とは契約ですから諸々の手続きが発生するのは当然のこと。
 その後、出産や子育ての過程ではもっと多くの手続きが発生してきます。
 面倒なのは理解できますが、裁判の理由とするには違和感があります。

 やはり「アイデンティティの喪失」が精神的苦痛となるのでしょうか。
 もう、そこまでいくと個々の感覚でしかありません。
 具体的にどのような精神的苦痛があったのか、興味が沸いてきます。

合憲判決で夫婦別姓が否定されたわけではない

 夫婦同姓が合憲とされましたが夫婦別姓を否定したわけではありません。
 むしろ、これは国会の場で議論すべきと促しています。

 「選択的夫婦別姓制度」は別姓も選べるというものです。
 つまり、同姓を選んでもいいわけですから、選択肢が広がるだけ。
 今、できることができなくなるというものではありません。

 導入するとなれば細かいところの調整は必要です。
 夫婦別姓にしても、ミドルネームを妻の姓とする方式もあります。
 「夫の姓+妻の姓+自分の名前」という形です。

 海外では選択的夫婦別姓の導入がかなり進んでいます。
 でも、ミドルネームを使わない完全な別姓を選択する人は多くないようです。
 結局、法的に選択肢を広げても「文化の壁」の方が高いのでしょう。

 そうなると、導入した場合の経済負担などが気になってしまいます。
 文書の氏名欄をミドルネームに対応するだけでも大変な作業ですから。
 その割に、ほとんどの人が夫婦同姓を選択したのでは、ただの損失です。

 とはいえ、世界の潮流を考えればいずれは日本にも導入されるのでしょう。
 批判の声に違和感ありとしましたが、肯定の声にも違和感はあります。
 その辺の議論はもうちょっと深めてから、臨みたいものです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ