ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

トランプ氏が米大統領になったらどうなる? 日本は戦争へ突入か? 戦争法反対とか言ってる場合じゃない!

time 2015/12/10

トランプ氏が米大統領になったらどうなる? 日本は戦争へ突入か? 戦争法反対とか言ってる場合じゃない!

 米大統領選の共和党指名争いをしているドナルド・トランプ氏。
 「イスラム教徒の米入国を禁止すべき」とし批判を浴びています。

 数々の暴言で度々話題となってきたトランプ氏。
 今回はホワイトハウスが批判し、カナダ政府が批判し、英国民までも。
 四面楚歌かと思いきや、共和党員の支持は高く候補争いのトップです。

 トランプ氏は過去にアジア外交への批判も繰り広げています。
 このまま人気を維持して共和党代表となったなら。
 そのままの勢いで米大統領に就任したならば。
 彼の暴言を実行したら、世界はどうなるのでしょう。

sponsored link
外交は門外漢なのに外交政策で大人気

 ドナルド・トランプ氏は不動産王で数千億の資産があるとされる大富豪。
 大統領になったら投資家や実業家をブレーンに起用したいとしています。
 本来は外交は門外漢であるはずが、出馬表明演説から暴言が飛びだします。

 「メキシコ人はレイプ犯だ」と発言し、メディアの大反発を買います。
 さらに「国境に万里の長城を造り、費用はメキシコに出させる」と続きます。

 出馬当初はメディアも泡沫候補として捉えていませんでした。
 日本の都知事選にも、奇想天外な候補が登場するのと同じようなものです。
 ところが、暴言を吐く度に支持率は上昇し、16人の候補のトップです。

暴言の数々を実現したらどうなる?

 まずは、その暴言の数々を箇条書きにしてみます。
 ・「メキシコ人はレイプ犯だ」
 ・スーパーモデルに「もう10点満点じゃない」
 ・校内銃乱射事件で「学生が武装していれば結果は違った」

 イスラムに関する暴言
 ・「イスラム教徒の米入国を禁止すべき」
 ・「大統領になったらシリア難民を帰国させる」
 ・「フセインがイラクを支配していた方がましだった」

 アジアについての暴言?
 ・「アメリカが日本を守り、日本はアメリカを守らないのは公平ではない」
 ・「韓国をタダで守る必要はない。なぜ彼らは我々を助けないのか」
 ・「金正恩は頭がおかしいか、あるいは天才だ」
 ・「中国はアメリカの雇用を奪っている」

 広い意味では、安保関連の前面見直しが必要という立場です。
 そして、アジアに奪われた雇用を取り戻し米国経済を立て直す。
 イスラムやメキシコ人などの移民を抑制する。

 いわゆる米国伝統の孤立主義です。
 保守の鑑のようで普通なら言えないことを暴言として言っています。
 支持者が増えるのも、わからなくもありません。

日本とアジアの影響は?

 トランプ氏が大統領になれば日米安保は破棄されるかも知れません。
 アジアという括りでは在韓米軍も撤退し、グアムまでさがるでしょう。
 一番の脅威は「核の傘」が失われるということです。

 恐らくは安保に代わって軍事同盟が締結される流れになるでしょう。
 軍事同盟であれば、相互支援ですから米国の戦争にも参戦します。
 日本は憲法9条がある以上は、その選択肢を取るのは難しいです。

 すると、北朝鮮の核をちらつかせた恫喝外交が始まることになるでしょう。
 日本は断固拒否するでしょうが「見せしめ」に数発撃たれるかも。
 アジアは一気に緊張状態に突入する可能性があります。

 経済面では中国敵視がより先鋭化すると予想されます。
 中国に市場開放の圧力を強めつつ、資本引き揚げなど制裁的措置を取る。
 新二大大国の米中関係は悪化の一途を辿りそうです。

諸外国もトランプ氏批判が起こり始めている?

 「イスラム人入国禁止」の暴言に米国外からも反応が出始めました。
 カナダ政府は公式にトランプ氏の発言を批判しています。
 英国では、トランプ氏の入国禁止措置に3万5000人以上が署名しました。

 批判が広がるのも米国大統領の世界への影響力の大きさゆえのこと。
 そして、トランプ氏の大統領就任の可能性が真実味を帯びてきたからです。

 日本も国益に関わる大問題と捉えて、トランプ氏批判を行うべき。
 いまや、安保関連法に反対するより、遥かに戦争に近づく大問題です。

 日本だと大統領になったときに関係悪化を恐れてやれないですかね。
 それならいっそ、媚びを売るくらいの徹底ぶりを見せてほしいものです。

トランプ氏って誰かに似てない?

 ところで、トランプ氏をモデルにした有名映画の登場人物がいます。
 なんと、バック・トゥ・ザ・フューチャーのビフ・タネンです。

 主人公マーティに時を超えて絡み続ける悪役ビフ。
 まるでトランプ氏はビフの悪役ぶりを演じているかのよう。
 BTFTから30年後の今年、よもやビフのモデルが世の話題を席巻するとは。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ