ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

イスラム国空爆の激しさを過去の戦争と比較 BBCが動画を公開

time 2015/11/26

イスラム国空爆の激しさを過去の戦争と比較 BBCが動画を公開

 英BBCが過激派組織「イスラム国」への空爆頻度を伝える動画を公開しました。
 過去の戦争と比較して、どれだけ激しいものかをビープ音で表したもの。
 さて、その結果はどれだけの激しさだったのでしょうか。

 イスラム国への空爆は昨年8月から開始され、すでに1年以上が経過。
 とはいえ、第二次世界大戦などは4年間に渡って戦争が続きました。
 長期化すれば平均した頻度は下がる、となるのでしょうか。

sponsored link
イスラム国への空爆は激しくなかった?

 BBCのサイトへはこちらから。
 IS空爆はどれほど激しいのか 第2次世界大戦などと比較

 動画の内容は日本語訳されています。
 1時間辺りに何回の出撃がされたかをビープ音で表しています。

 イスラム国の空爆は、1時間に2回強の出撃が行われています。

 1999年のユーゴ空爆では、NATO軍により1時間に5回の出撃でした。 

 2003年のイラク侵攻では、1時間に40回の出撃が数週間続きました。

 第二次大戦では、米軍だけで1時間に70回の出撃を4年間続けました。

 作戦規模などは反映されず、出撃回数をカウントしたものです。
 これだけで厳密に「空爆の激しさ」とはなりませんが頻度はわかります。
 アメリカの本気度がどの程度か読み取れます。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ