ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

ベルギー「猫画像」で警察に協力 一般人のテロとの戦い方?

time 2015/11/24

ベルギー「猫画像」で警察に協力 一般人のテロとの戦い方?

 ベルギーはテロ警戒レベルが最高に達しています。
 地下鉄は運休し、学校は休校となり、テロリスト捜索を行っています。
 22日には19カ所を一斉捜索するも、空振りに終わりました。

 そのような状況で、ベルギー警察は市民に協力を求めています。
 その内容は「警察の動きをSNSに投稿しないこと」です。
 警察の動きがテロリストに知られることを防ぐためのお願いでした。

 それに呼応して市民は「猫画像」を投稿しはじめました。
 「猫画像」が警察の動きを隠し、テロリストを脅かすのです。

 では、テロリストを脅かす猫画像をどうぞ。

sponsored link

これがSNSを使った新しい「戦い」なのか?

 今年の初め、日本人がISISに拘束され処刑される事件がありました。
 日本ではISIS関連のアカウントにクソコラを投稿するのが流行しました。
 いわゆる酷いコラ画像を投稿する「クソコラ祭り」です。

 これは国内では事件を茶化すと捉えられ批判的に報道されました。
 しかし、海外ではテロに屈しない姿として好意的に取る国もありました。
 ISISは「恐怖」を与えるのが目的だったのに、「笑い」で返すのですから。

 今回の「猫画像」はその話とは全然違う話です。
 それでも、対テロや警察への捜査協力がこんな形になるなんて。
 世界は優しさとノリに包まれ、ネットは猫画像に包まれているのです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ