ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

キラキラネームが終息傾向へ 女の子に「子」のつく名前が復活の兆し?

time 2015/11/20

キラキラネームが終息傾向へ 女の子に「子」のつく名前が復活の兆し?

 毎年のように名付けランキングで話題になるキラキラネーム。
 学校でも出席簿の男女統一などもあり、混乱が発生しているのは周知のこと。
 そのキラキラネームが、ついに終息傾向に入りました。

 この季節になると、育児関連会社から名付けランキングが発表されます。
 「クックパッドベビー」では2位に「莉子」が。
 「リクルーティングスタジオ」では9位に「文子」19位に「徳子」が。

 「子」は「一と了」から成り「はじめ(一)からおわり(了)まで」の意。
 こじつけかも知れませんが、意味は奥深く、見直されています。

 男の子には「しわしわネーム」が流行の兆しあり。
 キラキラネームは数年後には激減し「きらきら世代」となるのでしょうか。

sponsored link
「きらきら世代」は以外と長い?

 キラキラネームは昔からありますが、2000年以降に急激に増加しました。
 歴史は古く、鎌倉時代には珍名が確認されているそうです。
 落語の「寿限無」も「めでたい名前の子供」の噺です。

 役所では、名前に用いてよい漢字が定められています。
 しかし、漢字と読み方が一致せずとも問題となりません。
 それが、本来はありえない読み方のキラキラネームが生まれる一因です。

 ちなみに、役所が社会通念上不適当と判断し不受理にしたことがあります。
 世間を騒がせた「悪魔くん命名騒動」は1993年と、20年以上前のことです。

 ネットでキラキラネームの代名詞とされる「光宙(ぴかちゅう)」
 実在する名前なのかはいまだに不明なのだそうです。

○○世代の仲間入り?

 「きらきら世代」が世代と認定されるかはわかりません。
 直近の世代は「ゆとり世代」で1987年~2004年生まれになります。
 いわゆる「ゆとり教育」を受けた世代です。
 ○○世代は定義はありませんが、定着しているものがあります。

団塊世代

 第1次ベビーブームの世代。1947年~1949年生まれを指す。
 現在は60代後半となっており、人口比で一番多い層となっている。
 高度成長期からバブルを経験し、老人が一番の金持ちを体現している。

バブル世代

 バブル期の1985年から1990年頃に就職した世代。
 だいたい1965年~1970年生まれくらいを指す。
 仕事の舐め方と金使いの荒さは断トツ。
 いまだに財布を持ち歩かない女性がいたりする。

氷河期世代

 バブル崩壊後の就職氷河期に就職活動をした世代。
 バブル世代以降~1980年生まれくらいまでを指す。
 上場企業が倒産し、リストラで終身雇用も崩壊した時代。
 フリーターや派遣社員に流れる人達も多く、仕事への忠誠心は低い。
 逆に正社員になれた人は忠誠心が高い傾向にある。

ゆとり世代

 「若者の○○離れ」を体現している世代で物欲がなく草食系が多い。
 安定志向で、女性は専業主婦を希望する人が多い。
 「さとり世代」とも言われる。

きらきら世代

 2000年~2015年(?)に生まれた世代。
 どんな未来が待っているのか。
 キラキラした未来だったらいいのですが。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ