ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

2015流行語大賞候補50語が発表 そのすべてを解説!その3

time 2015/11/11

2015流行語大賞候補50語が発表 そのすべてを解説!その3

 年末恒例のユーキャン新語・流行語大賞の候補が発表されました。
 毎年「知らない」「使ったことない」という流行語が多いと感じませんか?
 そんな方々へ、候補50語をすべてざっくり解説します。

 ⇒このページは3ページ目です。最初のページはこちら。
 ⇒2ページ目はこちら。

sponsored link

40.チャレンジ

 組織ぐるみの不正が発覚した東芝の数値目標のこと。
 「チャレンジ」と称して過剰な業績改善を指示しており注目された。
 世間でいうところの「ストレッチ」に該当するもの。
 チャレンジに失敗は付き物だと思えば、仕方ないのかも知れない。

41.オワハラ

 就活生に内定を出す代わりに就職活動を終わらすよう求めること。
 学生としてはより条件の良い会社へ就職したい場合に判断を迫られる。
 企業としては内定を出しても蹴られてもたまらない。
 優位である企業側のハラスメントとして問題視された。

42.スーパームーン

 スーパームーンは通常よりも14%も大きく見える満月のこと。
 2015年の日本では中秋の名月と重なったことで注目された。
 実際には、中秋の名月の翌日がスーパームーンであった。
 つまり、中秋の名月はまだ満月ではなかったということでもある。

43.北陸新幹線

 長野新幹線が3月14日に金沢まで延伸し、北陸新幹線となった。
 北陸新幹線ブームとなってイベントやグッズ販売が盛んに行われた。
 ちなみに、金沢が終着点ではなく敦賀まで延伸する計画である。
 2023年にもう一度、北陸新幹線ブームが来る予定になっている。

44.ドローン

 無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。
 日本では首相官邸に放射性物質搭載のドローンが墜落させるテロがあった。
 米国では刑務所にドローンで危険物を差し入れる事件が起きているとか。
 その半面、配送業が利用を模索するなどエポック製品となっている。
 数年後には空を大量のドローンが飛びまわっているかも知れない。

45.ミニマリスト

 最低限の生活必需品しか持たないで生活している人達のこと。
 整頓術→断舎利→ミニマリストと進化した最終形。
 厳しさより豊かさを求めた結果、いきつくものらしい。
 家電や家具も持たないため、生活費はむしろ高くつきそうです。

46.ルーティン

 スポーツ選手が集中力を高めるために行う一連の動作。
 人それぞれで動作は異なるが、同じ動作をすることで精神を落ち着かせる。
 イチローが打席に入った時にバットを前に突き出すのもルーティンである。
 定期的に上司がつまらない親父ギャグを言うのは、ルーティンかも知れない。

47.モラハラ

 モラルハラスメントを略したもので、精神的虐待のこと。
 高橋ジョージがモラハラを理由に離婚を求められたことで知名度が上がった。
 アリさんマークの引越し社もパワハラと並んでモラハラが問題視されました。
 モラハラの流行で、自称モラハラ被害者による冤罪も増えているとか。

48.フレネミー

 フレンド(友達)とエネミー(敵)を組み合わせた造語。
 友達のふりをした敵のことを指す言葉。
 表向き友達として付き合い、裏で悪口を触れまわるような人のこと。
 でも、友情がある敵という意味もあるらしい。これは難しい。

49.サードウェーブコーヒー

 コーヒー界を襲う第三の波のこと。
 第一の波は60年代までのコーヒー普及時代。
 第二の波はコーヒーチェーンの台頭と深煎り高品質の時代。
 そして第三の波は豆も生産地、栽培法、淹れ方、運び方までこだわった時代。
 コンビニコーヒーが全盛となった日本では逆行してる気もしますが。

50.おにぎらず

 クックパッドで急上昇した握らないおにぎり、おにぎらず。
 元ネタはクッキングパパというマンガらしいです。
 握らずに、海苔にごはんを載せて、包んで、切るだけというものです。
 握らないので、大きな具材を包めるのが魅力だとか。お試しあれ。

以上、流行語大賞候補の解説でした。
流行語大賞を目指すと豪語した「びっくりぽん」は候補に入りませんでした。
芸能枠は他も強かったから仕方ないのでしょうか。

個人的には「レッテル貼り」と「ドローン」が一押しです。
受賞者は辻本議員と15歳少年でいかがでしょうか。

sponsored link

コメント

  • This is what we need – an insight to make evynroee think

    by Tangela €2016年6月19日 17:30

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ