ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

日本人所有の「飛べる零戦」が飛べない スポンサー撤退の理由とは?

time 2015/11/09

日本人所有の「飛べる零戦」が飛べない スポンサー撤退の理由とは?

 2015年中に日本の空を飛ぶことを目指していた日本人所有の零戦。
 スポンサーが相次いで撤退していき、飛べない事態になっています。
 維持費は年末には尽きるそうで、「飛べない零戦」になってしまうのか?

 スポンサー撤退の理由は「戦争賛美と受け取られかねない」というもの。
 その背景には安保法制の成立による世論の高まりにもあるとか。
 また、隣国での不売運動を恐れて撤退するケースも。

 なぜ、零戦を飛ばすことが戦争賛美になるのか?
 そういった疑問の声もありますが、スポンサーは「触らぬ神に祟りなし」
 しかし、事情を紐解くと撤退理由は「建前」の可能性も?

sponsored link
零戦は主力戦闘機でありながらほとんど現存していない?

 零戦とは零式艦上戦闘機のことで、大戦中の日本海軍の主力戦闘機です。
 改良を加えつつ主力戦闘機を務め続け、一万機以上が生産されました。

 しかし、日本は敗戦したため、国内に残された零戦はありませんでした。
 ほとんどの零戦は破壊され、一部が米軍に接収されました。
 そのため、飛べる零戦は世界に5機しかなく、4機は外国人所有です。

 日本各地で見られる零戦の復元機も日本に残されたものではありません。
 米軍が徴収して持ち帰った機体が巡り巡って日本に帰国したケース。
 または、外地に壊れて残された機体を復元したケースです。

 日本人が所有する唯一の「飛べる零戦」も南方戦線で破壊された零戦です。
 それを復元し、飛べる状態にして日本に持ち込んだのでした。

スポンサー撤退の本当の理由は「飛べそうにない」から?

 海外では大戦機の航空機によるショーやレースが普通に行われています。
 しかし、日本では大戦機を飛ばすのは非常にハードルが高いです。

 日本で飛べる航空機は「耐空性審査」を通る必要があります。
 航空機メーカーの量産機であれば通りますが、アマチュア製造の航空機ではまず通りません。

 零戦は解体して船に積んで日本に持ち込まれました。
 それを組み立て直して、飛べる状態にしています。
 これは、「耐空性審査」をまず通らないのです。

 そこで「試運転」として飛ばすことになります。
 しかし、その許可がまたなかなか下りない。
 欧米のように「自己責任」で済まさない日本らしい判断です。

 また、どうも主催者から出資者への情報公開が不適切だとも言われています。
 その辺りもスポンサーの気持ちが離れた要因かも知れません。

過去に飛んだ零戦もある?

 20070724011511
 1995年、戦後50年を記念して米国の博物館より零戦が招致されました。
 機体もエンジンもオリジナルという唯一の「本物の零戦」です。
 その零戦は今回の零戦とは別の機体です。
 
 このときは米軍機のムスタングと共演しています。
 この機体は1978年にも日本で飛行しています。
 映画「パールハーバー」にも出演しておりお馴染みの機体です。

 現在は米国に戻ってオーバーホール中なのだとか。
 日本で保存できないのが残念ですが、持ってるだけで「戦争賛美」といわれては、あらぬテロ行為を受けるとも限りません。
 零戦にとって米国が一番安全の地だというのも皮肉な話です。

 

「飛べる四式戦」を「飛べない四式戦」にしてしまった?

 hayate8
 1973年に四式戦闘機「疾風」が入間基地で飛行しました。
 これは米国人の所有者が日本人に譲渡してくれたものでした。

 しかし、所有者が亡くなると飛行可能な状態は維持されませんでした。
 博物館を転々とし、現在は知覧特攻平和記念館に展示されています。

 飛行可能状態を維持するには、定期的なメンテナンスが必要です。
 もはや、「飛べない疾風」になってしまいました。
 譲渡した米国人は、この状況を知り憤慨し後悔したそうです。

大戦中の兵器を保存する博物館がないのが原因?

 日本では前述の通り、大戦機は容易に飛ばすこともできません。
 さらには、パイロットもいないし、メンテナンスもろくにできません。
 残念ながら、日本に「里帰り」はしない方がよい状況です。

 これは大戦機の里帰りが個人事業で行われているためでもあります。
 資金や情熱に継続性がないから、時間と共に限界が訪れます。
 逆に言えば、政府が主導しないことが問題なのです。

 本格的に戦争時代の兵器を保存する博物館が日本にはありません。
 国立で建立し、積極的に収集活動を行い、維持・保存に努める。
 それができなければ、同様の問題は何度でも起きるといえます。

 しかし、政府主導で税金を導入してやろうとすれば反発は必至です。
 「戦争賛美」と海の向こうの国々と連携して騒ぐことは目に見えています。
 本当の根本原因は、日本人の戦争アレルギーにこそあるといえます。

 余程の金持ちが道楽で手を出さない限りは、現実的には無理だということ。
 孫さんか三木谷さんが、プロジェクトごと買い取ってくれないでしょうか。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ