ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

琵琶湖湖底に水中遺跡 他にもある?日本の水中遺跡

time 2015/11/05

琵琶湖湖底に水中遺跡 他にもある?日本の水中遺跡

 琵琶湖湖底から江戸期の建物跡がみつかりました。
 1819年の文政近江地震で沈んだのではないかとみられています。
 水中遺跡で建物跡がみつかるのは日本初のことです。

 観光地である長浜城近く、水深1.8メートルの湖底で建物跡。
 水が澄んでいれば、とっくに発見されていそうなロケーションです。
 江戸期ということで遺跡というより史跡ですね。

 琵琶湖のある滋賀県は大きな地震がないイメージです。
 実は、古来より地震の頻発地帯とされており記録が数多く残されています。
 琵琶湖は広いし、まだまだ遺跡が隠されているかも知れません。

 とはいえ、水中遺跡とはロマンがあります。
 ダイビングが趣味の方は遺跡探索してみてもおもしろいかも知れません。
 代表的な日本の水中遺跡を紹介します。

sponsored link
与那国島海底遺跡

 image21
 沖縄県八重山諸島与那国島の南方沖で発見された海底遺跡です。
 その大きさはピラミッドに匹敵し古代の人工物なら最大級です。
 実は、人間の痕跡が発見されないという理由で遺跡と認定されていません。

 遺跡の建造された年代は1万年前という説や、1000年前という説も。
 琉球史は記録が乏しくて、諸説を絞り込めていない状況です。
 なにより、遺跡ではなく自然の造形とする説も強いです。

 「遺跡ポイント」と呼ばれるダイビングスポットが有名。
 水中遺跡を探索するなら、与那国がおすすめです。

鷹島神崎遺跡

 01_1
 長崎県松浦市鷹島の東方沖で発見された水中遺跡です。
 2012年には日本で初めて水中遺跡として史跡に指定されました。

 こちらにあるのは建造物ではなく、沈没した船の遺物です。
 沈没船の遺物は日本各地で発見されていますが、ここはなんと元寇の船。
 周辺海域は元寇の古戦場となっており、壺や刀剣が発見されています。

 元寇で使用されたとみられる大型船の船体も沈んでいるそうです。
 元寇の船の精密な復元などが期待され、歴史的に注目されています。

熱海海底遺跡

 daijoge1-41
 静岡県熱海市の沖合で発見された海底遺跡です。
 階段と思われる人工物や土器などが発見されています。
 文献に記録がないということで疑惑がもたれています。

 神社跡があるとみられており、鎌倉時代の遺跡と予想されています。
 水没した原因も火山によるものか、地滑りなのか、謎が多いです。

 熱海なら首都圏から行きやすい距離です。
 しかも謎多き遺跡なら思わぬ大発見に遭遇するかも?
 ロマンだけなら一押しです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ