ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

トレビの泉にまつわる話 観光するなら踏みこんでいきたい3つのトリビア

time 2015/11/04

トレビの泉にまつわる話 観光するなら踏みこんでいきたい3つのトリビア

 トレビの泉の改修工事が完了し、豊かな水量が戻ったそうです。
 16ヶ月におよぶ修復工事の完了を祝う記念式典が3日に行われました。
 この工事は有名ブランドのフェンディが全額支援したのだとか。

 ローマにはたくさんの泉があり見事な彫刻で彩られています。
 トレビの泉はその中でも最も有名な泉のひとつ。
 イタリア観光に出掛けた方なら必ず訪れていることでしょう。

 そんな旬のトレビの泉。
 酒飲みついでに披露できる3つのトリビアを紹介します。

sponsored link
その1:泉に沈む大量のコインは寄付される

 トレビの泉では、後ろ向きにコインを投げ入れると願いが叶うそうです。
 大混雑のトレビの泉で、後ろ向きにコインを投げる人が後を絶ちません。
 いつか、泉はコインであふれてしまうのでは?とはなりません。

 このコインは朝早くに回収されます。
 泉の水を抜くのではなく、掃除機のような道具で吸い上げていきます。
 8時過ぎにトレビの泉に行けば、レアな風景が眺めるかも知れません。

 このコインはチャリティー団体に寄付され貧困層支援に使われるそうな。
 年間で1億円以上もコインが貯まるそうですから、なかなかのものです。

 チャリティー団体はカトリック系だとか。
 日本でコインを投げるというと賽銭を想像しますが、大差ないようです。

その2:泉はローマ水道の終着点

 トレビの泉に限らず、ローマに散在する泉はローマ水道の終着点です。
 ローマ水道というのは紀元前から作られた水道です。
 非常に高度な技術で製造されており、古代の代物とは思えません。

 10
 ちなみに、ローマ水道はそのほとんどが地下にあるそうです。
 地上に出ているのはローマ近郊の数キロだけ。
 水道汚染や、敵が毒を混ぜるのを防ぐためだそうです。

 日本でローマ水道と同等のものが登場するのは1500年以上も後のこと。
 戦国時代の北条氏康が作り、小田原攻めで日本中に広まったとか。

 美しい彫刻だけでなく、泉に水を供給するシステムもすごいのです。

その3:泉の水を飲むと幸運に恵まれるという伝説もある

 トレビの泉ではコイン投げが最も有名な伝説ですが、他にもあります。
 それが「恋人と水を飲むと永遠に一緒にいられる」というもの。
 コインを2枚投げたときと同じ効果です。

 ローマ帝国時代にはすでに「飲むと幸運に恵まれる」とされていました。
 それから「愛の水」へとどこかで進化したのでしょうか。

 ちなみに、泉の水を汲んで飲むのはさすがに抵抗があります。
 そんな方には「水飲み場」が用意されています。
 その名も「L’acqua dell’amore(愛の水)」です。

 コインを投げるのはもったいないという方。
 たまたま、コインを持ち合わせていなかったいう方。
 飲んでも効果はありますから、がぶがぶ飲みましょう。

歴史に思いを馳せながらコインを投げるのはいかが?

 トレビの泉は本当に多くの観光客がいつもいます。
 そのため、ゆっくりと眺めていられなかった方もいることでしょう。

 泉の水は20km先からローマ水道を伝って送られてきています。
 投げ入れたコインは貧しい人達のために使われます。
 泉の脇の水飲み場の水は、がぶがぶ飲んでいいのです。
 トレビの泉は古代から愛の泉として栄えていたのです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ