ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

韓国・朴大統領「国民感情悪化に危機感」 誰が日本の国民感情を煽ったのか?

time 2015/10/30

韓国・朴大統領「国民感情悪化に危機感」 誰が日本の国民感情を煽ったのか?

 毎日新聞が「国民感情悪化に危機感」という見出しの記事を出しました。
 内容は朴大統領が「両国の国民感情」と「米国の視線」に苦労している。
 反日を貫いてきたが、歴史問題と経済を分ける政策に転換し始めている。
 というもの。

 日韓関係は最悪の状態と言われて久しく時が流れました。
 それ以前は良好ではあったけれど、韓国側に違いがあるとは思えません。
 「最悪」になったのは、日本側の対応が変わったのが大きな要因です。

 では、日本国民の感情は誰が煽ったのか。
 かつては右翼的新聞とされた産経新聞が筆頭とされてきましたが・・・。

sponsored link
マッチポンプで韓国の反日を煽ったのは朝日・毎日?

 かつての反日報道は、朝日新聞、毎日新聞が主導した面が大きくありました。
 日本の朝日・毎日が「中韓の反発が予想される」と書けば、それに対応する。
 靖国問題も慰安婦問題も政治家の失言も、その流れが一般的でした。

 それを見た日本国民は、政府要人が悪い、中韓に申し訳ないと迎合します。
 そこに中韓要人から批判や遺憾の意が伝えられる。
 日本国民は反省し、問題となった政府要人に謝罪を要求するのです。

 かつては朝日購読者はインテリが多いと言われていました。
 各新聞の中でもその影響力は特に強かったのです。
 このマッチポンプのメソッドは非常にうまく機能していました。

気付き始めたのはネットがきっかけ?

 しかし、その状況が変わり始めたのはネットが普及し始めてからです。
 ネットではそれまでタブー視されてきた情報が津波のように溢れました。
 同和問題、日教組、暴力団、そして韓国の反日行為など。

 それにより韓国で行われている反日教育が明らかになっていきます。
 慰安婦問題は激しい議論が起こりつつも検証が続いていきます。
 朝日・毎日が報道しないような事実もネットで多くの人が知りました。

 そして日韓関係は日本人同士の感覚でいてはダメだと気付いたのです。
 彼らはいつまでも謝罪を要求し、賠償金を寄こせと言う。
 「謝罪しろ、賠償金を払え」は韓国の代名詞になりました。

マッチポンプが逆効果?やればやるほど育つ嫌韓感情

 それでもネットから情報を得ている人は日本ではまだ一部でした。
 朝日・毎日は相変わらずのマッチポンプを続けています。
 しかし、ネットで韓国の反日を知った人達はこれまでと違った動きをします。

 「中韓の反発が予想される」と書く新聞に対して反発します。
 中韓要人が批判や遺憾の意を伝えることに対して反発します。
 十分に謝罪している、解決済みである、賠償もしている、内政干渉だと。

 そしてその意識が広がり、日々の食卓の話題で議論が起こるようなります。
 ついには国民の多くが「知る」ところとなり嫌韓感情が高まったのです。

実は産経新聞は嫌韓感情にあまり関係していなかった?

 ここまでの流れに右翼的といわれる産経新聞は登場しません。
 韓国が敵視し支局長を拘束するほどなのに、実はあまり関係ないのです。
 朝日の購読者数が減っても、産経新聞が増えたわけではありません。

 それよりはネットによる情報が大きかったといえます。
 韓流ブームはコアなネット利用者以外にも韓国に興味を持たせました。
 ビジネスの世界でも韓国人と関係を持つ人が増えてきました。
 その結果、調べるほどに、事実を知るほどに、嫌韓感情が高まりました。

 ちなみに、日本屈指の韓国通である産経新聞の黒田氏は懸念を示しています。
 切れ味の鋭い韓国関連記事を書き、産経読者からの支持も厚い。
 そんな黒田氏が、日本の嫌韓は異常な状態になってしまったとしています。

国民感情に左右される韓国を追い詰めたのは誰か?

 韓国の大統領は反日をしないと支持率が下がるといわれています。
 朴大統領は以前は親日と言われており、大統領になり反日に転じました。
 父親が親日的といわれたため、ポーズを示す必要があったとも言われます。

 そんな韓国では、日本が歴史問題に触れれば批判する必要があります。
 批判しなければ「なぜ批判しないのか?」と国民に責められるからです。
 朝日・毎日が「反発が予想される」と書き、それを韓国国民が知れば、政府要人は批判しないわけにはいかないというのが韓国の状況です。

 そして、その批判を受けた日本人はさらに反発します。
 国民感情悪化のスパイラルです。

 朝日・毎日が国民感情悪化の原因になってしまっているのです。
 その毎日新聞が「国民感情悪化に危機感」とは。
 まさに自作自演といわんばかりの記事を書いたものです。

 韓国国民はともかく、韓国政府は朝日・毎日こそ敵視すべきです。
 いまや、彼らの存在が韓国政府の大きな足かせになってしまっています。

 日本のネット右翼諸子は、朝日・毎日を礼賛すべきときです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ