ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

難民問題で注目 イスラム教の知っておきたい基本の3つ

time 2015/10/30

難民問題で注目 イスラム教の知っておきたい基本の3つ

 シリア難民の欧州流入が止まらず、その人数は増える一方です。
 シリア内乱は解決の糸口も見えず、長期化すると見られています。
 数年後には欧州に生活基盤を築き、同化したシリア人が多くいるはずです。

 それは欧州にイスラム教徒が増えるということを意味します。
 実は、米国や東南アジアでもイスラム教徒は増加を続けています。
 米調査機関によると、2070年にキリスト教と同数になり、2100年に宗教としては最大勢力となるそうです。

 日本でもシリア難民を受け入れるとなれば、イスラム教徒が増えます。
 この機会に、イスラム教の基礎知識を知っておいて損はしません。
 まさか、イスラム教徒=テロリストなんて偏見は持っていませんか?

sponsored link
その1:イスラム教はキリスト教の敵ではない

 911事件はイスラムテロ組織アルカイダの犯行だとされています。
 歴史を紐解けば、欧州からイスラム教徒を排除する「レコンキスタ」運動。
 聖地を奪い合った十字軍遠征と、キリスト教とイスラム教は敵対しています。

 しかし、実はイスラム教側にはキリスト教を敵視する理由はありません。
 レコンキスタはただの国家間紛争、十字軍はイスラムは防衛側です。

 キリスト教の神と、イスラム教の神は同じです。
 一神教の神を「同じ」と表現するのもどうかとは思いますが同じなのです。
 違うのは「預言者」です。

 キリスト教は預言者イエスの教えを守ろうという宗教です。
 イスラム教は預言者ムハンマドの教えを守ろうという宗教です。
 彼らに言葉を伝えた神は、同じ神です。

 神は最初にモーゼという人を預言者とします。
 しかし、人間達は言うことを聞かず神の教えに背いてばかりです。
 そこでイエスを預言者にします。
 しかし、人間達はまたも言うことを聞きません。
 そこでムハンマドを預言者にします。

 モーゼの教えを信仰するのがユダヤ教。
 イエスの教えを信仰するのがキリスト教。
 ムハンマドの教えを信仰するのがイスラム教です。

 なので、イスラム教の預言者にはモーゼもイエスも含まれています。
 かつてPLOのアラファト議長がクリスマスミサに出席したことがありました。
 イエスはイスラム教の偉人でもあるので、何の問題にもなりませんでした。

 一神教同士だから敵対し合っているというのは間違いです。
 むしろ同じ神を信じる者同士の派閥の違い程度のことです。

その2:シーア派とスンニ派も敵対していない

 イスラム教には大きく2つのは派閥、シーア派とスンニ派があります。
 湾岸戦争時にイラクではシーア派とスンニ派が敵対していました。
 しかし、これは政治的な対立であって宗教的対立ではありません。

 シーア派とスンニ派の違いは、指導者の選び方です。
 ムハンマドの血筋を大切にするのがシーア派。
 そういうのを気にせず教えに忠実であればよいというのがスンニ派です。

 両者はそれ以外に違いがほとんどないため、対立する理由もありません。
 世界では圧倒的にスンニ派が多数です。
 それでもシーア派が駆逐されないのは、争いにならないからです。

 こうしてみると、平和的な宗教なのです。

その3:イスラム原理主義は敵対していない?

 イスラム原理主義というと、今度こそテロリストのイメージでしょうか。
 イスラムテロ組織といえば、イスラム原理主義者なのは正解です。
 しかし、イスラム原理主義者はすべてがテロリストではありません。
 テロリズムに走るのは、ごく一部に過ぎません。

 原理主義というのは、「本来あるべき姿に戻ろう」ということです。
 イスラム教は時代の変遷とともに変化してきました。
 得に近代以降は西洋化も進み、教えの解釈も変わってきました。
 それの時代の潮流に対する反発が原理主義となったわけです。

 これはキリスト教も同じです。誕生から1000年以上が経っていますから。
 キリスト教にも原理主義があり、やはり彼らがテロリズムに走ります。
 もちろん、ごく一部に過ぎません。それも同じです。

 イスラムには貧しい人に施すザカートの教えなどがあります。
 そのため、原理主義者は福祉活動などを行っているのだそうです。
 これはテロ組織も同じで、現地の支持者が多い理由となっています。

 イスラム国は王制が多く、庶民の生活レベルが低いケースも多いです。
 石油資源の供給安定のために王制を保護する欧米諸国は庶民の敵です。
 それがイスラム原理主義テロ組織が欧米諸国と敵対する理由でもあります。

 こう書くとテロ組織がまるで庶民を守る正義の味方のようです。
 こういった背景が、シリア内乱を簡単には解決できない複雑さを生むのです。
 政府、反政府、テロ組織、どこに正義があるかなんて決められません。

イスラム教徒=テロリストの誤解はとけた?

 イスラム教は平和的な宗教です。誤解は解けたでしょうか。
 歴史をみればキリスト教の方がよほど血まみれの宗教です。
 価値観を相手に押しつけようとして揉めているようにも見えます。

 世界の先進国でキリスト教圏でないのは日本だけです。
 日本は世界のどこよりも宗教に寛容な国。稀な無宗教国家でもあります。
 イスラムが日本に寄せている期待は大きなものです。

 キリスト教とイスラム教の対立を緩衝できるのは、中立的な大国だけ。
 その役割を日本は果たすことができるでしょうか。
 日本ができないと中国、、、混乱に拍車が掛かるだけのような気が。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ