ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

縦列駐車を自動でしてくれる車が完成! 法整備の問題はどうなる?

time 2015/10/14

縦列駐車を自動でしてくれる車が完成! 法整備の問題はどうなる?

 自動車が衝突する危険を検知する技術を、三菱電機が公開しました。
 運転席を離れていても自動で縦列駐車をすることができるということです。

 またGPSや地図情報、道路標識の自動認識を組み合わせて自動走行を可能に。
 自動運転車の実現へ着実に技術が高まってきています。

 2020年には「東京を自動運転車が走り回っている」と自動運転車の開発推進を強調した安倍首相、その発言は現実となるのでしょうか?

sponsored link
開発競争は次のステップへ?

 自動運転車は世界各国で開発が行われています。
 有名なのはgoogleの自動運転車。
 2015年6月には公道を走行して開発の順調さをアピールしました。

 googleが目指すのは「完全自動運転車」で車内に運転装置はありません。
 ハンドルもブレーキもなしで運転は「完全自動」となります。

 ドイツのベンツや日本のトヨタなどが開発している「自動運転車」は、運転手の運転サポートから発展したものです。
 運転手による運転と「完全自動」の切り替えが可能になっています。

 いずれも発表内容は、走行と停車に関するものばかり。
 三菱電機の「駐車」を自動化するのは、新たなステップを感じさせます。

自動運転中に事故が起きたら責任は?

 自動運転車の実現へのハードルのひとつは法整備とも言われています。
 自動運転車が「完全自動運転」中に事故を起こしたら誰の責任か?

 今の自動車でも「無人事故」は発生しています。
 坂道でサイドブレーキを引き忘れたために、走り出したいうケース。
 ギアを入れたままの車に、車外からエンジンを掛けたケース。

 2014年に起きた後者のケースでは、エンジンを掛けた男性に自動車運転過失致死傷罪の容疑が掛けられました。
 「車外にいた」のに、「運転過失致死傷罪」です。
 遠隔操作でエンジンを掛けたことが「運転」となるのです。

自動運転車には「ブレーキボタン」がつく?

 「自動運転」で縦列駐車をしている最中に、子供が飛び込んできたら?
 運転手は車外から操作しており、ブレーキペダルは踏めない。
 絶体絶命のピンチをどうするのか?

 それを想定するなら、遠隔操作のブレーキが必要になります。
 インテリキーに「ブレーキボタン」が増えるわけです。

 危険な状況で「ブレーキボタン」を押さなければ「過失」になります。
 つまり「ブレーキボタン」を押すことは「運転」になるということ。

 緊急時に「免許を持っていない人」が「ブレーキボタン」を押したら?
 無免許運転ということになるのでしょうか。

 googleの完全自動運転車には、ハンドルもブレーキもありません。
 つまり、「運転席」がないということ。
 複数人で乗っていて事故にあったら、誰の点数が引かれるのでしょうか。

 免許を持たない人だけでは完全自動運転車には乗れないのでしょうか。
 法整備を考え出すと、夢が一気に失われていきます。
 結局は、「運転手」「運転席」「ハンドルとブレーキ」、これらがないと法的には事故を裁けなくなりますから。

2020年7月の東京五輪開会までに法整備をするには?

 2020年まであまり時間がありません。
 法改正は国会審議を経て可決成立してから公布されます。
 公布後2年以内に施行というのがルールです。

 もちろん、公布と同時に施行でも問題はありません。
 今年6月の道交法改正では「免許仮停止の範囲を拡大」は即日施行です。

 ただ、準備期間が必要な法改正はそうはいきません。
 今年6月の道交法改正でも「準中型自動車免許の新設」などは公布のみです。
 恐らくは2年後の2017年4月から施行となるかと思われます。

 自動運転車に関する法律に準備期間が必要かはわかりません。
 ただ、国民への十分な周知期間は必要になると思われます。

 2018年には法案成立となりますか。
 その内容次第で、自動運転社会がどうなるかがかわります。
 今は技術先行ですが、法整備にも期待です!

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ