ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

恐竜の絶滅原因に反論できない説が登場 誤差が広すぎで無理やりすぎ?

time 2015/10/13

恐竜の絶滅原因に反論できない説が登場 誤差が広すぎで無理やりすぎ?

 6500万円前に絶滅した恐竜。
 その絶滅の原因は長く「隕石衝突」が最有力の説とされてきました。
 続く有力説は「火山活動の活発化」によるというもの。

 それが米国の研究チームにより新説が唱えられました。
 その新説とは、原因は「隕石」と「火山」の両方であるというもの。

 「恐竜絶滅の原因をめぐる論争は、これで終わりにする時が来た」
 研究チームのリーダーは自信満々です。
 長き論争を終わりにできる強い根拠は示せているのでしょうか?

数万年は納得できる「誤差」なのか?

 隕石説はユカタン半島に落ちた巨大隕石が原因とするもの。
 大量の粉じんにより太陽が遮られ、地球規模で寒冷化したとする説です。

 火山説はインドのデカントラップで大噴火があったとするもの。
 同じく粉じんによる寒冷化が恐竜絶滅につながったとしています。

 研究チームは高精度の年代測定法を用いてそれぞれの年代を調べました。
 隕石衝突が起きたのは6604万年前で誤差は3万年。
 火山噴火は6604万年前から5万年後まで連続的に発生したとしました。

 何せ6500万年前のこと。高精度でも誤差が数万年でるのは仕方ありません。
 隕石衝突が誤差の範囲で6601万年前から6607万年前。
 火山噴火が連続したのは6604万年前から6609万年前。

 重なっている期間もありますし同時期と判断されるのでしょうか。

5万年という時の長さはいかほどか?

 研究チームのレニー教授は「5万年」は「同時期」と断言しています。
 地球の歴史は45億年、恐竜時代の終焉は6500万年前のことです。
 ティラノサウルスは300万年も最強の座に君臨しました。

 地球にとっての5万年は、人間の一生に例えれば8時間程度です。
 「同時」とはいかずとも同じ日くらいの感覚。

 ただ人類史では5万年前は洞窟で壁画に絵を描いていた頃のこと。
 その頃に落ちてきた隕石の影響で、21世紀になってから火山活動が活発化してきましたと言われても、ぴんとこないところもあります。

「隕石&火山」のハイブリッド説で反論はしづらい?

 恐竜絶滅の主要な説である隕石説と火山説。
 その両方が同時期にあったとするハイブリッド説は、どちらの主張も内包しており、ある意味良い落とし所になっています。

 どちらが主な原因であるかは、同時期の中での程度問題。
 ないとは思いますが、政治的に決着を図るとすればベストの良説です。
 これは、今後の恐竜絶滅の原因として最有力になるかも知れません。

 日本でも箱根から桜島から阿蘇から浅間から、火山噴火が続いています。
 もしかしたら、5万年前に落ちた隕石が原因での火山噴火かも知れません。

 と言われても、やっぱりピンとこないですね。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ