ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

東京五輪追加種目 5競技でIOCへ 野球に空手も安心はできない?

time 2015/09/26

東京五輪追加種目 5競技でIOCへ 野球に空手も安心はできない?

 東京五輪の追加種目を検討していた追加種目検討会議は、IOCへ提案する追加競技を5競技とすることで決定しました。

 野球・ソフト、空手、スケートボード、サーフィン、スポーツクライミングの5競技となりました。

 選考に残っていた、スカッシュ、ボウリング、武術は落選しました。

 5競技の中から16種目程度に抑えて提案し、来年8月のIOC総会で決定されます。

 日本の悲願とも言える野球・ソフトの復活、世界に6000万人の競技人口を誇る空手の採用、この2つは本命視されていました。

 若年層向けに採用されたスケボー、サーフィン、そしてスポーツクライミング。

 スケボー?サーフィン?冬季のスノボと被っているような?
 各競技、掘り下げてみてましょう。

sponsored link
野球・ソフトの復活なるか?復活しても見通しは暗い?

  66339fbe

 野球は1984年に公開競技となってから2012年のロンドン五輪で廃止されるまで、7大会で5個のメダルを獲得してきまいた。ソフトボールも1996年から4大会で3個のメダルと、日本は強さを発揮しています。

 野球・ソフトの復活は日本の悲願であり、廃止が決まった時も必ず復活させると息巻いていました。それが8年越しに叶ったことになります。

 しかし、ロンドン五輪での落選理由は「世界に普及していないから」でした。
 この8年間で野球・ソフトは世界に普及したのでしょうか。

 2006年から始まったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)があります。
 この野球の国際大会のおかげで、世界の認知度は高まったのか?

 多少は高まったかも知れませんが、WBCの存在は五輪としては逆効果。プロ参加が認めらても野球の本場アメリカでは、五輪は軽視される風潮が続いています。

 そして、アメリカ主導のWBCができたことで、ますます五輪の重みは薄れているのです。

 IOCが「相変わらず、世界に普及していない」と判断すれば落選の可能性もあります。野球大国の日本開催の五輪だから復活採用されたとしても、その後は落選の有力候補となってしまいます。

 東京五輪に採用されても、根本的に五輪に相応しい競技になれたとは言えないというのが現状ではないでしょうか。

空手はテコンドーの二の舞になるかも?

 90c24195472d4fc91381449e2748a4c0

 空手は世界の競技人口では柔道を上回ると言われています。
 しかし、柔道がほぼ講道館に統一されているのに対して、空手にはさまざまな流派が存在します。

 大きくは寸止めルールの全日本空手道連盟(全空連)と、倒れるまでやるフルコンタクトの極真会館があります。

 IOCは1競技1団体を任命しその団体のルールで競技を行うのが原則です。
 IOCは寸止めルールの全空連を任命しているため、五輪の空手ルールは寸止めになるとみて間違いありません。

 IOCもダメ―ジの少ない寸止めルールを推奨しているとのことです。
 しかし、寸止めルールは「わかりづらい」というマイナス面があります。

 この「わかりづらい」というのは非常に重要です。
 テコンドーが五輪から外れたのも「わかりづらい」が理由とされています。

 わかりづらいがために観客も楽しめず、選手も審判のジャッジに納得できず、結局は抗議や不服申し立てなど「場外戦」が目立って除外となりました。

 テコンドーを国技とする朝鮮人が極度の負けず嫌いであるというメンタリティーの関係もあるでしょうが、「わかりづらい」というのは現代の「観客も楽しめる」スポーツ競技には相応しくないのです。

 しかし、明るいニュースもあります。
 交流のなかった全空連と極真会館は五輪採用を目指して今年4月に協力することを表明しました。これは寸止めを嫌って直接打撃を追求した極真会館の成り立ちからみて、「歴史的和解」という識者もいます。

 極真会館は寸止めとフルコンタクトの両方を採用するよう働きかけています。

 実は、空手の競技人口は寸止めより、フルコンタクトの方が多いのです。

 フルコンタクトで鍛えた選手が寸止めに鞍替えすることは、フィジカルとして、また流派の壁として可能なのかは当事者ではないのでわかりかねます。

 しかし、半分以上はフルコンタクトの競技者となれば、寸止めルールだけが採用された場合に有力選手の半分しか五輪に参加できないということ。空手の魅力を最大限に伝えることはできないことになります。

 この辺りをIOCがどう見てくるのか。
 野球・ソフトと同じく東京五輪で採用されたとしても、その後が続くのか。

 個人的には、K-1が廃れてから早数年。
 フルコンタクトも採用して欲しいところです。

 ⇒東京五輪追加種目 5競技でIOCへ スケボ?サーフィン? へ続く

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ