ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

NZ新国旗 選外デザイン復活で5候補へ 国旗の名前がかっこいい!

time 2015/09/25

NZ新国旗 選外デザイン復活で5候補へ 国旗の名前がかっこいい!

 2016年に国民投票で国旗変更の是非を決めるニュージーランド。
 今年中に現国旗と争う新国旗のデザインを決定する予定です。

 9月1日にデザイン案4点が発表されるも、国民からは「つまらない」「印象が暗い」と評価が芳しくありません。

 そんな中、国民からの強い要望で選外とされたデザインが復活候補入り。
 5万人以上が復活候補入りを嘆願したとか。これ、全国民の1%以上です。

 もう、このデザインで決定となるのか?
 画像と合わせて国旗の名前にも注目して紹介します。

sponsored link
国旗変更はオーストラリアと紛らわしいから?

 NZが国旗変更に乗り出した理由は大きく2つです。
 ひとつはオーストラリアの国旗と似ているから。
 もうひとつは、英国旗のデザインが植民地時代の名残だから。

 まずは、両国の国旗を比較してみましょう。

NZ国旗

OG国旗

 左上にユニオンフラッグを配置したブルー・エンサインが採用されています。ブルー・エンサインはイギリスに関係する組織や地域で使用されるものです。

ブルー・エンサイン

 ニュージーランド国旗は右側に南十字星を配置したもの。
 オーストラリア国旗は右側に南十字星、左下に七稜星を配置しています。

 同じ南十字星なのに、ニュージーランドは4つの星、オーストラリアは5つの星が描かれています。

南十字星

 5つ目の星は2.8等星と暗い星なので、肉眼だと見えづらそうです。
 ニュージーランドの国旗は1869年から、オーストラリアは1901年から。
 この間に望遠鏡の精度が上がったのでしょうか?

 こうして見るとモチーフが類似しているのだから似て当然です。
 でも、星の数は違うのでしっかり覚えれば間違えることもなさそう。

 とはいえ、国旗は「ひとめでわかる」ということも重要です。
 国旗をベースに船に掲げる旗や軍隊の旗がデザインされるのが普通です。

 何隻もの船が行き交う港で、一目でニュージーランド船かオーストラリア船かを見分けるのに十分か?と問われれば、「酷似している」というのも納得です。

新たに追加された国旗候補「レッドピーク」

 9月1日に発表された4候補は話題になりました。
 836d79db

 シダは先住民マウリ族が道標にしていたとされ、国民に親しまれているとか。
 ニュージーランド原産の「シルバーファーン」だそうです。
 国章に使われ、1998年にも新国旗として提案されたことがあります。

 渦巻き状なのはシダの新芽で、マウリ族のモチーフで「コル」といいます。

 左上の国旗は「Silver Fern (Red, White and Blue)」
 左下の国旗は「Black & White Fern」
 右上の国旗は「Koru (Black)」
 右下の国旗は「Silver Fern (Black,White & Blue) 」

 シダのデザインなら、どれも「シルバーファーン旗」と呼ばれそうです。
 すでに、オールブラックスの旗に採用されてそう呼ばれています。
 コルなら「コル旗」となるのでしょうか。

 シルバーファーンもコルもニュージーランド国民には親しみ過ぎて、「つまらない」「暗い」と言われてしまうのでしょうか。そこまでネガティブなイメージはないですけど。

 さて、そこに復活候補入りしたのが「レッドピーク」です。
 Large Shaped Flag - Red Peak Flag NZ

 残新というほどではありませんが、他候補と一線を画したデザインです。
 赤が屋根、白が山、黒と青は夜と昼だそうです。
 「レッドピーク」は山のイメージかと思ったら、屋根のイメージでした。

 個人的感覚からすると、シルバーファーンの方が一目でわかりやすいです。
 レッドピークは、他の国旗と混ざった時に思い出せなくなりそうで。。。

 しかし、市民からは大人気で復活候補入りとなった「鳴り物入り」です。
 これは、「レッドピーク」で決まりとなるのでしょうか?

国民の大多数は「国旗変更反対派」だった?

 国旗候補の公募には、「世界で有名な賞を2つ以上受賞したデザイナー」などといった狭き門はなく、オープンに選考されたため、かなりふざけた図案もありました。

 new-zealand-flag-laser-exlarge-169
 キウイの目からレーザーが出る案はネット上で支持され、大人気でした。
 しかし、最終候補には選ばれず、それも「つまらない」と評されることにつながったといわれています。

 現状、もっとも人気が高いのは実は「現国旗」です。
 世論調査では国旗変更反対が69%に上り、国民の大多数は変更反対派です。

 国旗変更に伴う費用なども考慮しての消極的反対も含めた数ではあります。
 しかし、最終決定の国民投票で勝てる見込みは薄い状況なのです。

米国企業のロゴ

 市民に人気の「レッドピーク」も米国企業のロゴに似ているとして、著作権騒ぎになって選から漏れたという経緯もあります。
 米国企業は商標登録しておらず問題はなし。むしろ歓迎していると伝えられています。それでも、企業ロゴに似た国旗となれば、反発する人も出てくるでしょう。
 

 この話題、もしかしたら今がピークかも?
 さらっと国民投票で敗れて、なかったことになるかも知れません。 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ