ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

大沼議員セクハラ疑惑 このまま「うやむや解決」を許すな!

time 2015/09/22

大沼議員セクハラ疑惑 このまま「うやむや解決」を許すな!

 自民党の大沼議員が民主党の津田議員に、後ろから羽交い締めされ引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしたという事件、発生から4日経っても目立った動きがありません。

 この事件は安保法制の採決の混乱の中で発生しました。委員長席の周りで激しいもみ合いになる中、委員長席から離れた場所でのこと。

 この辺りに立っていた議員は、委員長席の混乱を遠巻きに眺めており、揉み合いなどは発生していませんでした。

 その中で「なぜか」突然に津田議員が大沼議員に暴行。これは、安保法案の賛否や、与党・野党の支持うんぬんとは完全に別の、単なる犯罪行為ではないのでしょうか?

sponsored link
動画やgifで拡散される瞬間映像、完全にアウト?

 www_dotup_org519701
 安保法制の混乱で騒がしい中、遠巻きに眺める議員の間で起きた突然の暴挙。
 周りの議員も「なんだ?」と不思議そうに眺め、隣にいた女性議員があわてて助けに走る姿が、明確に映し出されています。

 この動画はyoutubeにアップされ世界中に配信されており、またgifはtwitterはじめ数々のサイトに貼られて拡散されています。

 いったい何が起きたのか?

 委員長に背後から飛びかかる民主党の小西議員に、鉄拳を食らわせている(実際は押し返している)ように見える自民党の佐藤議員の画像が、CNNやニューヨークタイムズで取り上げられ、話題になりました。

 しかし、それはあくまでも混乱の中の一瞬を切り抜いたもの。
 大沼議員を引き倒した津田議員の行為は、どう説明されるのでしょうか?

「混乱の一部」としたい民主党 だんまりを決め込む?

 この事件に対して自民党以外の議員も追求を行っています。

辻元氏「しっかり調査して対応したい」 次世代・和田氏、民主議員の“セクハラ暴行”糾弾
産経ニュース 2015.9.20

(次世代の党の)和田氏は同じ番組に出演した民主党の辻元清美政調会長代理に対し「映像が残っており、民主党の議員も近くで見ている。民主党としてどう対処するのか」と追及した。これに対し、辻元氏は「しっかりと調査して対応していきたい」と述べるにとどめた一方、「民主党の議員も足を引っ張られた」と指摘。和田氏は「それは混乱の場所だった」と強調した。

 もちろん、自民党議員も追求しています。

大沼議員セクハラ疑惑 自民・稲田氏「犯罪行為だ」民主・蓮舫氏「その話は泥沼になる」
産経ニュース 2015.9.20

稲田氏「委員長席の混乱だけではなくて、委員の最後列のわが党の大沼瑞穂議員が民主党議員に引き倒されてけがをした。これはまさしく犯罪行為だ。動画で世界中に配信されている。」

蓮舫氏「その話は泥沼になる」

蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引きずり落とされた。それはご存じですか」

稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱とは違う後部でやられたということを指摘している」

 「しっかりと調査して対応していきたい」「その話は泥沼になる」とその場の鎮静化に必死の辻本氏と蓮舫氏。

 本来「女性が混乱から遠い場所で暴行を受けた」といえば、一番に非難するのはこの二人なのでは?もしも暴行を受けたのが民主党の女性議員であれば、烈火のごとく怒りの追及を行ったであろう二人が、立場が逆転したら沈黙する。

 当の津田議員はダンマリを決め込んでいる様子。

民主・津田氏、「関係ない」と状況説明なし
産経ニュース 2015.9.19

産経新聞の取材に対して「関係ない」と述べ、状況の説明はなかった。

 民主党の幹事長である枝野氏も、素知らぬ顔です。

 「内部でいろんなことが起こったことについては、双方にそれぞれの言い分がありますので、一個一個取り上げて申し上げるのは、適切ではないと思う」

 これ、混乱の場から離れた場所で起きた女性への暴行事件ですよ?
 同じ空間にいれば離れた場所でも「何をやってもいい」ということ?

沈黙するメディア「安保法制の混乱の一部」で終わりなのか?

 このニュースは産経新聞しか報じておらず、追ってフジテレビで報道されました。しかし、朝日系や毎日・TBS系は完全にスルーしています。

 個人的には安保法制の一部として報道するには、焦点から外れていると思います。その点では、報道としての優先順位が下がることは否めないです。

 しかし、公の場で女性議員に男性議員が暴行したという事件。しかもその映像は明確に残っていて、youtubeなどを通して世界中に発信されている状況。

 これひとつでも十分に報道すべきニュースだと思いますし、これは安保法制とは別のニュースとして報じるべきではないかと思います。

 このまま「安保法制の混乱の一部」で終わらせようということ?
 下手すると、諸外国ではこの事実は知れ渡っているのに、日本人だけが知らないという状況になりかねません。

セクハラ!と訴えた女性議員は党利で言っているだけ

sekuhara

 野党の安保法制阻止の方策として、野党の女性議員でバリケードを作って近寄る与党の男性議員に「セクハラ!」と叫ぶ「痴漢冤罪作戦」が注目を集めました。

 与党の男性議員が野党の女性議員に触れば「セクハラ!」と叫ぶ。
 しかし、野党の男性議員が与党の女性議員を引き倒しても「混乱があった」と問題視もしない。

 結局は野党の女性議員が叫ぶ、女性の権利やら平等やらは「野党の女性議員」のためのものであって、政治信条でも理念でもない、ただの党利党略だということが明らかになりました。

 この問題は本当は党派や政策論議を差し置いて、力を合わせて追及すべき問題でしょう。福島瑞穂先生はいったいどこで何をしていらっしゃるのか?

本当にわからない暴行の理由

 本人も「関係ない!」を連呼するだけなので、事件の動機はまったく不明のままです。

 ここで「安保法制の強行採決を阻止しようとして、偶発的に起きたこと」とコメントしていれば、大炎上は間違いありませんがコメント上の体裁は整いました。少なくとも、民主党の幹部や女性議員はそのコメントを盾にすることができます。

 しかし、それさえもない。
 沈黙したとあれば「他の理由」があると暗に言っているようなもの。

 私怨なのか?
 よもや、盛り上がる議場の混乱で抑えきれない性的衝動に駆られたとか?

 下種の勘繰りというレベルですが、本当に「どさくさに紛れて」としか言いようがない状況です。私怨でもなければ意味不明。「精神的に異常な状態だった」と言われても納得するレベルです。

この事件は最後まで追求すべき!

 国会前デモで「多くの国民が~」と言ったり、「国民連合政府」の樹立を提案したり、安保法制反対派は「国民」という言葉を使って、あたかも国民代表のように振舞います。

 しかし、国民として看過できないのはこちらの暴行事件では?
 明確な暴行、男性が女性を襲う、公の場で映像もばっちり。

 朝日や毎日などのメディアもなぜか沈黙。
 安保法制で野党を支援したいにしても、スルーしていいわけがありません。

 少なくとも民主党はきれいさっぱりと認めて、議員個人の問題なら責任を取ってもらい、党内で自浄作用を発揮すべきです。そうしないと「女性に暴行した議員を匿う政党」として汚名が付きまといます。スパッと謝罪すべきは謝罪し責任を取る方が支持率は上がるはずです。

 これは国民レベルでスルーを許してはいけないと思います。
 五輪エンブレム問題でお腹いっぱいの感じではありますが。

 ネット上で盛り上がっていることに注目し始めたメディアもあります。
 がんがん拡散していきましょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ