ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

戦争法廃止の国民連合政府 「平成の薩長同盟」は完成するか?

time 2015/09/21

戦争法廃止の国民連合政府 「平成の薩長同盟」は完成するか?

 共産党の志位委員長が「戦争法廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけました。
 戦争法とはいわゆる安保法制のことです。

 戦争法廃止のために政治的立場の違いを越えて団結し、戦争法廃止を実現した暁には解散してそれぞれの立場に戻るという、暫定的な連合政府を樹立しようというもの。政党だけでなく、団体、個人に対しても呼びかけています。

 「共産党の戯言」と思った方もいるかと思いますが、ここ数年の共産党は躍進続きの最も勢いのある政党です。
 次回の参院選でも、自民の強硬姿勢、民主の頼りなさから、多くの票が共産党に流れ込むのではないかと、今から予想している評論家も多くいます。

 国会前デモでは揃って気勢を挙げた野党各党ではありますが、政治的立場は明らかに別物。それを乗り越えて「平成の薩長同盟」は成るのでしょうか?

sponsored link
「国民連合政府」は安保法制の廃止だけが目的?

 共産党の志位委員長の「国民連合政府」の提案の内容はどうでしょう。
 全文は長いのでポイントだけ抜粋して読んでいきます。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます
しんぶん赤旗 2015年9月20日

憲法違反の戦争法を廃止するためには、衆議院と参議院の選挙で、廃止に賛成する政治勢力が多数を占め、国会で廃止の議決を行うことが不可欠です。同時に、昨年7月1日の安倍政権による集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回することが必要です。

“戦争法廃止、立憲主義を取り戻す”――この一点で一致するすべての政党・団体・個人が共同して、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を樹立しようではありませんか。

この連合政府は、“戦争法廃止、立憲主義を取り戻す”という一点での合意を基礎にした政府であり、その性格は暫定的なものとなります。私たちは、戦争法廃止という任務を実現した時点で、その先の日本の進路については、解散・総選挙をおこない、国民の審判をふまえて選択すべきだと考えます。

 要点をまとめると以下のとおり。

 1.目的
   国会での廃止の議決、閣議決定の撤回の2つを実現する。

 2.手段
   安保法制の廃止のために「反対派」が過半数の議席を獲る。
   「安保法制廃止」の一点で一致する「国民連合政府」を樹立する。

 3.後始末
   「安保法制廃止」が実現したら解散・総選挙を行う。

 これはなかなか「熱い」呼びかけではないですか?
 敵同士がより強大な敵を打倒する為に一時的に手を組む。
 バトル漫画やゲームの王道的展開です。

 日本の過去の歴史に照らせば、打倒徳川幕府で犬猿の仲の薩摩と長州が手を組んだ「薩長同盟」のようなもの。「平成の薩長同盟」は平成維新を起こせるのか?

 こう書くと政党の「維新の党」と紛らわしいですね。

野党が共闘するためのハードルとは?

 この共産党の呼びかけに、最大野党の民主党は好意的な反応を見せました。

民主、共産と野党選挙協力を協議へ 安保関連法廃止に向け 
日本経済新聞 2015/9/20

民主党の岡田克也代表は20日、共産党が呼び掛けた安全保障関連法廃止に向けた野党の選挙協力について「かなり思い切った提案で、注目している」と述べ、共産党から説明を受けたいとの意向を示した。

 幸先のよい反応です。ここ数日間で何度も国会内で、国会前デモで、野党党首が揃って気勢を挙げていました。もしや思わぬ親睦を深める良い機会になっていたのでしょうか。

 しかし立候補者の調整など選挙協力は可能でも、「国民連合政府」という連立政権を樹立するのは非常に高いハードルがあります。一期の国会が安保法制だけしか扱わないのでは、政治が停滞してしまいます。

 安保法制だけに絞っても野党はばらばらです。
 民主党は安保法制には「原則的に賛成」の立場です。
 岡田代表がかつて集団的自衛権の必要性を認めていたことも国会で取り上げられました。

 実はこの呼びかけは民主党を狙って出されたものだと思われます。

 共産党と社民党はかなり似た路線なので共闘可能です。
 生活の党も良く言えば柔軟なので共闘可能でしょう。
 維新の党は厳しいですが、橋本氏が離党したことで空中分解するとみられているので、そうなれば気にしなくて良くなります。

 民主党は党内に旧社会党勢力がおり、いわゆる民主党左派を形成しています。彼らは同調可能だと思われます。しかし、民主党幹部は右派が多く、そこがポイントになります。

もしも実現に向かうなら与党も黙っていない?

 合従連衡をご存知でしょうか。

 中国戦国時代図

 中国の春秋戦国時代、七つの国が覇権を争っていました。
 強国「秦」に対抗するため、他の6国は互いに同盟を結び協力してこれに対抗しました。これを「合従」といいます。
 対して「秦」は論客を送り「秦」と組む方が利があることを説き、特定国を合従から離脱させるように図りました。これを「連衡」といいます。

 「国民連合政府」は合従ですから、与党は間違いなく連衡に走るでしょう。
 手始めに維新の党の右派の取り込み、そして民主党右派の切り崩し。

 2300年前の戦略が日本政界で用いられる。ロマンが溢れます。

 ちなみに、合従は失敗し、連衡が成功し、「秦」は中国を統一します。
 やはり異なる国(党派)の寄せ集めでは強国に対抗するのは難しかったのでしょうか。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ