ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

佐野氏の擁護論続々 「一般の国民」を馬鹿にし過ぎではないのか?

time 2015/09/04

佐野氏の擁護論続々 「一般の国民」を馬鹿にし過ぎではないのか?

 五輪エンブレムが取下げられた問題は騒動は一段落したものの、ネット上ではまだまだ騒ぎが収まる気配はありません。新たに佐野氏の「模倣」と思われる作品が発見され報道される中、デザイン業界の方々が「佐野氏擁護論」というよりは「デザイン業界擁護論」を繰り広げていることも注目されています。

 曰く、「デザイナーは委縮してしまう」「中小デザイン会社は潰れてしまう」「シンプルなデザインはもうできない」というもの。これらの根底にあるのはネットなどで類似のデザインを捜索され、「模倣」として晒し上げをされることでデザインを否定されるのではないかという不安から来るものです。

 五輪エンブレム取下げ会見では何度も「一般の国民の理解が得難い」という話がありましたが、デザイナーの方々は「一般の国民」をどのように見ているのでしょうか。まるで「無能、無理解、粗野で凶暴、デザイナーに対して敵意剥き出し」とでも見ているのでしょうか。

sponsored link
なぜ委縮する?なぜ中小デザイン会社は潰れるの?

 デザイナーが五輪エンブレム問題を見て「委縮してしまう」のは自身のデザインが「模倣」だとされネットなどで攻撃を受ける可能性があるからです。また「中小デザイン会社が潰れる」のは自身のデザインに類似のものがないかを、それこそ世界中のデザインを確認して廻らなければならない、そのリソースが中小デザイン会社にはないというのが理由です。

 これはまったく的外れな見解です。今回の問題を穿った視点で判断しているとしか思えません。
 「模倣」ではないのであれば、胸を張ってデザインを発表すれば良いのです。

 「委縮」するのは自分自身が「模倣」の疑いを掛けられることを認識しているということです。もちろん、同じ素材からインスピレーションを得て、似たテーマやコンセプトでデザインを作成して、結果的に類似のものが完成することもあるでしょう。既に類似のものがあるのを知らずに「新デザイン」として発表すれば問題になるかも知れません。

 それが今回の佐野氏と同じ経過を辿ることを懸念していることはわかります。しかし「模倣」にもレベルというものがあります。佐野氏の「模倣」疑惑はレベルが高過ぎたことが原因であり、簡単には同様の事象は起こりません。

すべての疑惑が「模倣」と騒がれるわけではない?

 五輪エンブレムが「模倣」と騒がれたきっかけはリエージュ劇場のロゴです。それを皮切りにトートバッグからオリンピック展開例の写真まで、実に多くのデザインに「模倣」の疑惑が掛けられました。しかし、すべてのデザインに一律で疑惑が掛けられたわけではありません。「強い疑惑」と「弱い疑惑」とがあり、デザインごとに「世論形成」されていき最終的には一部のデザインだけが「模倣」疑惑として残りました。

 例えば、五輪エンブレムがリエージュ劇場のロゴとの類似性が話題になったとき、同様にスペインのデザイン会社が作成した壁紙に似ているという指摘も上がりました。配色が似ているというのが類似点でしたが、その後は収束していきます。

 ネットに集まる人々は多種多様ですから、中には「こじつけ」で模倣疑惑を掛けるような人もいます。しかし「それはさすがに模倣というには無理があるでは?」と思う人も当然おり、大半の人がそう思えば反応は薄くなりやがて収束していきます。

 おもしろがって騒ぎ立てプライバシーの侵害など不法行為に及ぶ人もいるのは事実。しかし「誰でも使える」ネット上でのことですから「常識的判断」もそこにはあります。その一般社会と大差のない「常識的判断」を以てしても疑わしい「模倣疑惑」が騒がれているのです。

「模倣疑惑」のデザインを見てもまだ擁護するのですか?

 佐野氏の模倣疑惑は五輪エンブレムもありますが、大きかったのはトートバッグのデザインでしょう。トートバッグのデザインについては「フランスパン」と「Beach」の2つがあり、「フランスパン」については画像流用を認めて謝罪しています。「Beach」についてはアメリカのデザイナーが訴訟を起こし係争中です。

 images  0bdbe8fa5ffad82d767037eec0f24b5a_7150-7bcd7
 

 この「類似性」をデザイナーの方々はどう考えるのでしょうか。

 「模倣」にもレベルがあります。確かに最も「模倣とは言い難い」デザインをもって模倣疑惑とするのは暴挙であり、一方的に被害を受けるデザイナーが委縮するのはわかります。しかし最も「模倣を疑われている」デザインを見て、それでも模倣疑惑は暴挙と言えるでしょうか。

 今回のエンブレム取下げ会見や佐野氏のHPなどを通して見られるのは「一般の国民」が「無理解で横暴である」ということ。それは一部の行き過ぎた人達の「模倣とは言い難い」デザインを模倣とする言い掛かりに対して言っているのであれば、極めて一部の人を指して「一般の国民」と言っていることになります。

 本当の「一般の国民」が思う疑惑や不満をわざとすり替えている印象さえ受けます。そこに「上から目線」を感じ反発が出ているわけです。

佐野氏の所業をデザイナーはどうみているの?

 五輪エンブレムのコンペの応募条件は厳しいと言われています。条件は有名なデザイン賞を2つ以上受賞とされ、コンペには他に103名の応募があり、「日本のこれというグラフィックデザイナーはほとんど参加した」とのことなので、日本を代表する100人に入る方なのでしょう。

 そのような方が「模倣」で謝罪会見を開いたことをデザイン界はどのように見ているのでしょうか。しかも「スタッフがやったこと」として責任を取るわけでもありませんでした。「ほかの人が類似のデザインを使用しても問題ない、使えないなら何もできない」という発言もありました。それならばなぜベルギーやアメリカで訴訟に発展したのか説明がつきません。

 このような佐野氏を擁護する方々が平然と登場するデザイン界というのは、「模倣」と「類似」が跋扈する世界なのでしょうか。だからデザイナーは「委縮してしまう」のでしょうか。「中小デザイン会社は潰れる」となってしまうのでしょうか。

 仮にそうであるならば業界ごと潰れてしまっても、誰も困らないと思います。素人でも「模倣」くらいならできますから。セブンイレブンのおでんPOPがいい例です。

「一般の国民」はわかっている?

 何でもかんでも「模倣」だと騒ぐ人も一部でいる中で、「一般の国民」はしっかりと「これは模倣と言うには無理がある」と冷静に見ています。しかし、それでも「さすがにこれは模倣なんじゃ?」というデザインがあるからここまで問題は発展したのです。

 それを「一般の国民」はデザインの知識もないのに難癖をつける人達、として扱ったことが「一般の国民」の反発を買っているのです。そこを見極められない擁護派のデザイナーは結局は同じ穴のムジナということでしょうか。

 敢えて偏見を言えば、デザインを生業にする人は芸術家気質なのでしょう。特異な才能を幼少の頃より持ち合わせ、存分に発揮することで常に賞賛を受けながら生きてきた。そんな彼らが才能も知識もない「一般の国民」から自分達のデザインをどうこう言われるのが気に入らないというのは理解できます。無知無才の「一般の国民」は黙って俺のデザインを賞賛していればいい、とそういう気持ちなのでしょう。

 これがデザイン界の共通認識であれば、やはりさっさと滅びるのが世のためです。

デザイナーが守るのはデザインか?

 デザイナーは当然ながら山ほどのデザインを見聞して蓄積しています。これは小説家や音楽家など違う世界でも同じことです。だから無意識に他のデザインを模倣してしまう、インスピレーションが沸いたときにそれが実はオリジナルではなく過去に見聞して蓄積したデザインの模倣であったということがあるでしょう。

 そこで真摯に対応すれば印象はだいぶ違うと思います。無意識にリスペクトしていたならばそれを説明することで理解が得られることは多いと思います。秀逸な作品をリスペクトするのは当然のことですし、悪意や常識的レベルの逸脱がなければ問題にはならないでしょう。

 なぜ印象や理解を得ることが必要なのか?それはデザインの向こうにはそれを利用するユーザーがいるからです。五輪エンブレムでいえばスポンサー企業です。デザインの批判は、それを利用するユーザーへの被害に直結します。トートバッグの指摘を受けてサントリーは一部商品の取下げを行っています。デザイナーは批判を避けたり抑えたりすることでユーザーの権益を守る必要があります。

 それが「これは完全オリジナルだ、無知蒙昧は黙ってろ」と上から目線で抑えつけては火に油です。このデザイナーの勘違いこそが今回の問題の根源ではないでしょうか。

 創意あふれるデザイナーの方々は、委縮することなく自身を持ってデザインを発表して頂きたいです。「一般の国民」に近い感覚があれば、危惧するような問題は起こりません。驕らず高ぶらず、真摯に向き合えば良いだけのことです。ただそれだけのことなのに、なぜそれが難しいことなのでしょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ