ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

五輪エンブレム問題 責任を取るのは誰なのか?

time 2015/09/02

五輪エンブレム問題 責任を取るのは誰なのか?

 五輪エンブレムが「模倣」を疑われて取下げになったことを受けて、都や企業は既に発注済みのものもあり「実害」が出ています。今後はコンペの2位以降のデザインを繰り上げ採用するのではなく、再公募から選考というプロセスを踏むことも発表され、時間が掛かればそれだけ五輪スポンサーが五輪ロゴで得られる利益の機会が失われますし、五輪の印刷物で「特需」を期待していた業界も下方修正しなけばなりません。

 会見ではエンブレムのデザインには問題ないことを徹底して主張し、問題はないながらも一般の国民の理解は得られないであろうことから、取下げを決断したとされました。つまり、五輪組織委員会もデザイナーの佐野氏にも「否はない」と改めて明言したのです。

 しかし、実害は出始めています。「否がない」から誰も責任を取らないのか。そこで思わぬ人物が浮上してきています。

sponsored link
五輪組織委員の森喜朗会長の責任を問う声があがっている?

 その人物とは元総理にして五輪組織委員会長の森喜朗氏です。

森会長に責任論浮上!競技場に続きエンブレムも白紙撤回の事態に

五輪関係団体幹部らは、独自にデザインアートに詳しい識者から意見を聴取。「今後のエンブレム使用は厳しい」との判断に傾き、組織委にも水面下で使用をやめるよう説得をしてきた。だが、森氏と近い関係にある武藤氏らが「1回決めたものを撤回すると、国際的な信用問題になる」と聞く耳を持たず、事態は悪化した。

森氏は五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の総工費膨張問題でも、全面見直しに向けた「最大の障壁だった」

 森喜朗氏といえば「神の国」発言やIT革命を「イット革命」と読んだりなど、15年前の総理時代から数々の失言で名を馳せてきました。そして五輪組織委員会の会長。

 国立競技場の問題でも五輪の前年に開催されるラグビーW杯に間に合わせるために、当初計画を推していました。そこで出た発言は「たった2500億円」というもの。ちなみに森氏は日本ラグビーフットボール協会名誉会長を兼任しています。

 テレビ番組でも前東京都知事の猪瀬が「森喜朗会長が説明すべき」とトップが前面に立つべきと批判していました。誰も悪くない、でも誰かが責任を取らねばならない。そこで「俺が責任を取る」と出てこれる男前な上司というのは、世の中にはいないものなのでしょうか。森会長が前面に立ったなら失言も含めて注目です。

競技場問題、エンブレム問題、何も総括されていない?

 結局のところ、競技場問題にせよエンブレム問題にせよ、なにも総括されていないから責任の所在が不明瞭になり「一番偉い人が責任を取れ」となってしまうのです。それを避けるにはしっかりと総括しなけば。つまり反省会です。

 競技場問題はなぜ当初予算を大幅に超える額が必要になってしまったのか。柱が~、屋根が~と言われますがそれらの問題はいつ把握されていたのか。誰がここまで話を進めてしまったのか。どこで報告が上がらなかったのか。そういう点がいまだに解明されないままになっています。まさにお役所体質ですが、これでは再発防止はできません。

 エンブレム問題も「否はない」で決着させ、まるで類似調査を執拗に進めて広めたネットやメディアが悪いかのような姿勢。疑惑がなければ風評も立たないわけで、しかも佐野氏の所業は一般認識ではアウトだと思われます。それらを棚上げにして「否はないが国民の理解が得られないから取り下げた」とは、ではなぜ国民の理解が得られなかったのかをしっかりと検証すべきです。そうしないと、次のエンブレムデザインでも同じことが繰り返される可能性があります。

 森氏の名が出る前に調べ上げなければならない事があるはず。そして誰のどの行為が誤りだったかを明確にした上で、トップが責任を取るというのが最良の形ではないかと思います。これは一般企業なら普通に行われていることだと思うのですが。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ