ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

新護衛艦「かが」帝国海軍空母「加賀」の名を継ぐのは問題化しそう?

time 2015/08/28

新護衛艦「かが」帝国海軍空母「加賀」の名を継ぐのは問題化しそう?

 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の2番艦である「かが」の進水式が行われました。これから艤装作業に取り掛かり、2017年に就役する予定です。海上自衛隊では進水式と合わせて命名式が行われるのが慣例であり、「かが」の艦名は初めて明かされました。

 ヘリコプター護衛艦は「天象・気象、山岳、河川、旧国名」から名付けることになっており、また伝統的に歴代艦艇の名を取ることから、「加賀100万石」でお馴染みの石川県の旧国名にして、帝国海軍最大の航空母艦に名付けられた「加賀」から命名されました。護衛艦の中で最大である「いずも型」の2番艦ですから、相応しい名だと言えます。

 しかし2年前に「いずも」の進水式が行われ艦名が明かされると、中国から強い反発がありました。その批判は主に本格的な航空母艦の配備に向けられたものでした。今回はその2番艦ですから、同様の批判にプラスして帝国海軍を代表する空母の名を冠するわけですから、国内外からひと悶着ありそうです。

 しかし、これを以て「戦前回帰」や「軍靴の音」と騒ぐのはやめましょう。
 海上自衛隊の護衛艦には「伝統的に」歴代艦船の名を付けており、帝国海軍の艦船名が付与されているものばかりです。「今更」な話なのです。

sponsored link
2年前の「いずも」は「ながと」になるところだった?

 「いずも」は装甲巡洋艦の名前で太平洋戦争時には既に旧式化しており訓練艦となっていました。しかし、日中戦争時には巡洋艦艦隊の旗艦を務めるなど主要な働きをしたため、それを指摘する中国メディアもありました。

 7a5427e5-s

 そもそも「いずも」は検討段階では「ながと」にする案が有力でした。しかし「ながと」は連合艦隊の旗艦であり、世界的にも有名な戦艦でした。そのため、国内外で波紋を呼ぶ可能性を懸念して見送られたのです。ちなみに、「大和」は極秘開発されたものでスペックを偽り旗艦にもなっておりません。大日本帝国海軍の旗艦は「長門」で日本国民にも当時は「大和」より「長門」の方が名が知られていました。

 「名が知られているから」という理由で回避された「ながと」、その2番艦を「かが」と命名したということです。確かに「長門」と「加賀」では海外への知名度が違います。現代では「戦艦は役立たず」という認識も普及し空母が戦争の主力だったことは広く知られていますが、当時は世界に「旗艦」として発信されたのは「長門」だったのですから。

 但し、それを差し引いても「加賀」は有名な空母です。「長門はまずいけど加賀ならいいんじゃない?」と言った命名担当者はどんな思いだったのか聞いてみたいです。「ながと」回避を不満に思っての「かが」推しだったのか、単に「加賀なんて誰も知らないよ」という考えから提案したのか。とても気になります。

海上自衛隊の艦船の命名規則は帝国海軍とほぼ同じ?

 一昔前に大流行した「艦これ」の影響で多くの人が帝国海軍の艦艇名を知るに至りました。それまでマイナーだった駆逐艦の名前までもがこれほどクローズアップされたのは戦後初なのではないでしょうか。駆逐艦の名前に○○風が多いと感じた方も多いでしょう。それは、駆逐艦の命名規則で一等駆逐艦は「天象、気象、海洋、季節に関係する名」とされているからです。

 では、現代の海上自衛隊の命名規則と帝国海軍のものを比べてみましょう。

 海上自衛隊
  護衛艦  天象・気象、山岳、河川、旧国名
  潜水艦  海象、水中動物、瑞祥動物
  機雷艦  島、海峡
  哨戒艦  鳥、草
  輸送艦  半島
  補助艦  名所旧跡

 帝国海軍
  戦艦    旧国名
  航空母艦  特殊名、山岳
  重巡洋艦  山岳
  軽巡洋艦  河川
  一等駆逐艦 天象、気象、海洋、季節に関係する名
  二等駆逐艦 植物
  潜水艦   イ号、ロ号
  などなど

 艦艇の定義が戦中と戦後で異なりますが、帝国海軍の戦艦、航空母艦、巡洋艦、駆逐艦は、すべて海上自衛隊の護衛艦に含まれているとみればだいたい合っています。

 日本では旧国名や地形の名、山河や自然現象などを付けるのが慣例です。世界でも珍しい方です。
 この慣例は戦中と戦後であまり変わっていないので、大戦期の艦艇の名前が現代の護衛艦に付けられるのも普通に行われることなのです。ちなみに、名前を引き継いで三代目という艦艇もありますし、これは世界的に珍しいことではありません。

歴代艦艇の名を継いだ現役艦を紹介!

 いっぱいありすぎて紹介しきれないので抜粋でお送りします。

 ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」 戦艦「日向」
 1024px-JS_Hyuga_(DDH-181)_-_Starboard_beam_view   e946c877

 ヘリコプター護衛艦「いせ」   戦艦「伊勢」
 1024px-JS_Ise,_Haruyuki_and_Abukuma_in_the_East_China_Sea_after_Keen_Sword_2013,_-16_Nov._2012_c   149bdfb2

 帝国海軍では「伊勢型」の2番艦が「日向」だったのに、海上自衛隊では「ひゅうが型」の2番艦が「いせ」になっています。

 ミサイル護衛艦「こんごう」    戦艦「金剛」
 DDG173_JDS_Kongo  f8e078e3

 ミサイル護衛艦「きりしま」    戦艦「霧島」
 JDS_Kirishima_-_Kongou_class_destroyer.JPEG  a1556f5a

 帝国海軍では「金剛型」の2番艦が「霧島」で海上自衛隊でも「こんごう型」の2番艦が「きりしま」となっています。ちなみに、戦艦「金剛」は2代目、護衛艦「こんごう」は3代目となります。

 潜水艦「そうりゅう」      航空母艦「蒼龍」
 JS_Hakuryu_(SS-503)_arrives_at_Joint_Base_Pearl_Harbor-Hickam_for_a_scheduled_port_visit,_-6_Feb._2013_(YP255-023)  81746837

 潜水艦「うんりゅう」      航空母艦「雲龍」
 Unryu       799px-Japanese_aircraft_carrierUnryu

 帝国海軍では「特殊名」とされた空母の命名規則ですが、海上自衛隊の潜水艦の命名規則である「瑞祥動物」に該当する名が多いです。他にも龍驤、翔鶴、瑞鶴など空母には縁起のいい名前が並んでいました。

 ところで「加賀」は空母なのになぜ旧国名なのか?それは戦艦として建造していたものを途中で空母に変更したからです。すでに「加賀」と命名されていたのでそのまま「加賀」となりました。「信濃」も同じ経緯で空母になりました。

海外の軍艦はどんな名前が付けられているのか?

 米軍の艦艇はあまり定めがありません。主に使われるのは州、古戦場、偉人、過去の殊勲艦などです。東日本大震災の時に「トモダチ作戦」で支援活動を行った空母は「ロナルド・レーガン」、アメリカの第40代大統領の名前です。ヘリコプター揚陸艦には「イオー・ジマ」「オキナワ」などもあり、古戦場の名前として採用されています。

 英軍では王侯、偉人、神話、戦勝地などが多いです。大戦中に日本軍が撃沈した戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」は皇太子を意味する名前です。また2020年に就役予定の空母に「プリンス・オブ・ウェールズ」と命名することが決まっており、この船は空母「クィーン・エリザベス」の2番艦となります。

 ドイツで有名なのは戦艦「ビスマルク」、イタリアでは戦艦「レオナルド・ダ・ヴィンチ」というのもあり、世界的には偉人の名と戦勝地を付けることが多いようです。

日本の命名規則も世界に合わせてみたら?

 日本でも偉人や戦勝地を命名するように変えたらどんな艦名が出てくるでしょうか。

  護衛艦「せきがはら」
  潜水艦「だんのうら」
  補助艦「さかのうえのたむらまろ」
  輸送艦「ほくさい」

 これぐらいであれば現在と大差ないかも知れません。
 しかし、選択によっては殊勲艦名を引き継ぐより問題化するかも知れません。

  護衛艦「しんじゅわん」
  潜水艦「なんきん」
  補助艦「やまもといそろく」
  輸送艦「とうごうへいはちろう」

 せめて、江戸時代以前にしないといけなさそうですね。

 個人的には歴代艦艇の名を襲名しなくても良いのでは?と思います。まだまだ名前が足りなくなることはないので、「さぬき」や「おうみ」なんてのがあっても良いのではないでしょうか。襲名を続けるとしても「大和」や「武蔵」は無理だと思うので、ちょっと脇に逸れて「翔鶴」「瑞鶴」あたりを命名候補にしてくれると盛り上がります。勝手に名前を考えるのは楽しいですね。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ