ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

70年談話の次は「戦争総括」か?① 戦争総括って何?

time 2015/08/18

70年談話の次は「戦争総括」か?① 戦争総括って何?

 70年談話(安倍談話)が発表されてから「日本は戦争を総括していない」という論調が再燃してます。謝罪し続けなければならないのは総括ができていないから。何が悪かったのかが明確でないから謝罪を受ける側も受け入れられない、というもの。過去にも何度か盛り上がりを見せたことはありますが、時の為政者は明言することなく70年の時が過ぎました。

 一見すると、安倍政権が目指す「戦後レジームからの脱却」を実現するには戦争の総括は必要な気がします。総括してそれを土台にしてこそ戦後から脱却できる、というロジックは分かりやすいです。

 しかし、安倍政権から「総括」という言葉は聞かれず、むしろ反安倍派から「戦争を総括せよ」という論調が出てくるという状況にあります。「総括」の意味するところは何なのでしょうか。

sponsored link
「総括」すると何が良いのか?

 「戦争の総括」とは開戦から終戦までの判断や事件に対し「正しい」「間違い」を明確にすることです。簡潔に言えば「反省会」です。あれは良かった、あそこは悪かったということをもちろん日本だけの視点でなく諸国との関係も含めて整理することです。

 この作業は客観性を持って中立的な立場から行われなければなりません。バイアスを掛けて総括を行っても成果は出ないことは一般的な反省会と同じです。その結果、歴史認識や戦争責任の所在が国民レベルで共有されることが期待されます。「日本国」として「先の戦争」に対してどのような立場であるかを明確にできるのです。

 例えば「侵略」について太平洋戦争は侵略戦争かという議論は尽きず、「侵略の定義は明確でない」という答弁が出る。つまりは解釈によって異なるという状況になっています。「総括」が行われれば、日本は侵略をこう定義する、それによれば日中戦争は侵略戦争であったが対米英との戦争は自衛戦争であった、などという共通認識を持つに至り、日本国民が共有し世界に発信する認識となります。

 中韓の謝罪要求についても、日本全体が同じ認識であることが前提であればもう出てこなくなる可能性が高まります。これまで中韓が謝罪要求を繰り返してきた根拠は「心から謝罪しているとは受け取れない」から。その原因は時の首相が謝罪してもそれと異なることを言う政治家が絶えなかったからです。少なくともこのロジックを封じることはできます。

 例えば、原爆は虐殺だと総括すればそれを背景に米国に責任を問うこともできるわけです。今は世論も半々に割れています。世論は割れたままでもいいのですが、日本国として総括した結果は個々の認識を越えて国民レベルの共通認識になります。それをベースに政府は行動することができるということです。

 しかし、これは大変な作業です。まず客観性と中立性の担保は厳密には無理です。どちらかへのバイアスが掛かるのは人間のやることなので必ず出ます。そこが「総括」がなされなかった一番の理由でもあるのでしょう。

 バイアスが極端に入った総括をシミュレーションしてみましょう。

「右寄り」バイアスの総括(想像)

 日中戦争は盧溝橋事件にて中国軍より布告なしの奇襲攻撃を受けたために始まった戦争である。満州国における日本の権益を守るのは現在でも集団的自衛権の範囲内にあり明確な自衛戦争である。対米英戦についても開戦前に行われた日本に対する経済制裁は「侵略」に該当しそれに対する自衛戦争である。よって大東亜戦争のすべての戦闘は自衛戦争であり侵略戦争ではない。

 真珠湾における奇襲攻撃は宣戦布告の伝達上のミスによる不可抗力であり、意図して国際法違反である布告なしの奇襲を画策して行ったものではない。南京大虐殺は資料に信憑性がなく数々のデータから実際にはなかったもので、後世に創作されたものである。慰安婦は戦争への女性利用という許されない所業であるが日本軍は直接関与しておらず世界のどこの国でも行われていた戦時の女性利用の範囲を逸脱するものではない。

 米軍の東京大空襲をはじめとする都市部への無差別爆撃、広島・長崎への原爆投下は大量虐殺でありおよそ許されるものではない。また米国の侵略戦争に端を発した戦争である以上、その後の日本国占領も法的根拠はなく破壊されたインフラ、亡くなられた人々、占領期間に受けた精神的苦痛に相当する賠償請求権を日本は有する。

 ※あくまで想像です。

 想像とはいえ、実は多くの国民が今でも思っている「太平洋戦争のイメージ」に近いのではないでしょうか。ハルノートを突き付けられた日本は仕方なしに戦争へと突入した、真珠湾奇襲攻撃は伝達上のミス、南京大虐殺はねつ造、慰安婦に軍は関与しておらず元慰安婦の証言は虚偽、都市への空襲や原爆は大量虐殺で戦時国際法違反。これらの話は昔から語られていますし、今でも南京大虐殺は信憑性が疑われているし、慰安婦問題は朝日新聞が捏造を認めて軍関与の証拠は出ていません。こんな戦争総括も考えられるということです。

想定される「左寄り」の総括

 日中戦争は日本軍が領土的野心を持って起こした侵略戦争である。中国に対し侵略戦争を行っている日本に対して米英などの国々が経済制裁を行うことは当然で、それに対して日本が戦争を開始したことは自衛戦争とはならない。主戦場は南太平洋であり各国の植民地を侵略し資源奪取することが目的であり、これは明確な侵略戦争である。

 真珠湾奇襲は明確な国際法違反であり許されるものではない。南京大虐殺は被害者は30万人に及び人類史に残る未曽有の大量虐殺であり世紀の悪行を未来永劫忘れてはならない。慰安婦問題は軍の関与は明白であり日本政府は人道的な罪を負い、これを謝罪し保障しなければならない。

 米軍の東京大空襲をはじめとする都市部への無差別爆撃は、当時の日本の軍需産業が手工業に頼る部分もあり各家庭内でも行われていたことは事実であり、都市全体を軍事工場とみなすことができる。軍事工場への攻撃に罪はない。原爆投下は都市全体が軍事工場であった広島・長崎に対して行われたものであり同様に罪はなく、結果的に悲惨の戦争を早期に終結させることに大きく寄与し日本人を救済したと捉える。その後の日本国占領は当時貧窮していた日本国民の救済と日本政府の早期再建に大きな手助けとなり感謝の念に堪えない。

 ※あくまで想像です。

 先の戦争は侵略戦争だったことを認め、南京大虐殺、慰安婦問題は中韓の言い分を全面的に認めて日本の悪事をして総括しています。また東京大空襲や原爆も米国の主張をそのまま受け入れています。いわゆる左派の方々の対中韓に対する主張通りですが、対米への主張はあまり聞かないのでその辺は米国の言い分のままにしてみました。

総括を訴える人は「左寄り」が多いのはなぜか?

 シミュレーションしてみると左派の主張は中韓の主張の代弁に偏っているのがわかります。いわゆる侵略、南京、慰安婦、植民地支配。原爆の是非などを熱く語る左派というのはあまりお目に掛かりません。しかし、「総括せよ」という主張は左派の人達が多い傾向にあります。

 左派からの視点では、先の戦争は侵略戦争であり韓国を不当に植民地支配し、南京では大虐殺、慰安婦は女性を強制的に性奴隷として連行して従軍させた。これらを戦後の日本政府は認めず、追及しても明言せずにかわしてきたと見ているのです。実際、昔の日本政府はそれらを曖昧にしてきましたが、それでも周辺国とも問題なく進めてくることができました。

 一気に方針転換したのが「村山談話」です。それまで曖昧にしていた「侵略」と「植民地支配」を明言しました。さらに慰安婦問題で「河野談話」が日本軍の関与を認めました。それまで曖昧だったものが完全ではありませんが明確になりました。これにより中韓が激しく反応し反日旋風が巻き起こったと考えると、曖昧だった時代の方が平和な時代であり、「左派」閣僚の談話が外交摩擦を強め戦争の危険を高めたということになります。

 総括を行うと永遠に続く謝罪要求も終わり真の友好関係を築くことができるという話です。それを主張する左派の総括を行うことで、中韓の謝罪要求は逆に高まる気がします。結局は日本の左派は「自虐史観」と「共産主義信奉」がベースにあり、「日本は永遠に謝罪すべき」としそして「現国体を解体し共産革命を実現する」という夢想から抜け出せていないのでしょう。

 

 ⇒70年談話の次は「戦争総括」か?② 総括すると何が起こるのか?

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ