ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

原爆投下日に「今日は○○の日」で批判殺到 を深読みしてみよう

time 2015/08/10

原爆投下日に「今日は○○の日」で批判殺到 を深読みしてみよう

 AKB48の島崎遥香さんが「8月6日はぱるるの日」とツイートしたところ、
広島原爆の日に不謹慎という批判が殺到しました。
 「ぱるる」は島崎遥香の愛称です。

 続いて同じくAKB48の峯岸みなみさんが「8月9日はハグの日」とツイートし、
批判を受けるなど連日の「不謹慎騒ぎ」となりました。

 さらには、ディズニー公式が「なんでもない日おめでとう」とツイート。
 「何でもない日じゃない!」と批判を受けて謝罪しました。

 原爆の日に起きたいずれもツイッターの「不謹慎騒ぎ」。
 何が起きているのか深読みしてみます。

sponsored link
「ハグの日」は「広島」で2007年に制定

 ハグの日は広島市の「ハグの会」が2007年に制定しました。
 「ハグの会」は毎年8月9日に「フリーハグ」を実施しています。

 当時のツイッターの反応は、批判的でなく楽しんでいる風でした。
  「ハグする相手なんていないよ。」
  「ハグの日だから嫁をハグしてみた。」
  「ハグにもっていこうとして諦めた…」

 それが2015年になると「原爆の日に不謹慎」と批判が。
 一部の人だけかも知れませんが、クローズアップされるのが異常事態です。

 ハグの日は原爆に関しては長崎より遥かに積極的な立場の広島で制定。
 これも皮肉といえば皮肉です。

なんでもない日は「誕生日ではない日」の意訳

 ディズニー公式の「なんでもない日」は「unbirthday」の意訳。
 不思議の国のアリスに登場する歌のタイトルでもあります。

 とはいえ、意味合いは「なんでもない日」と同じです。
 8月6日のツイートは「暑中見舞い申し上げます」なので、ディズニー公式は
原爆の日について、まったく触れる気がないことがわかります。

 ディズニーは9日中にツイートを削除し、謝罪を掲載しました。
 ディズニーは米国企業ですが、アカウントは日本公式。
 この辺りは、なにが誰の琴線に触れるのか、線引きが難しいところです。

風化しつつある戦争の記憶

 今年は太平洋戦争を振り返る風潮が例年に増して強い傾向があります。
 それは戦後70年という節目の年だからではありません。
 安保法制に70年談話と、注目を浴びるイベントが多いからです。

 そんな中でNHKの世論調査では、原爆投下日を答えられない人は約7割。
 「戦争の記憶が風化している」という懸念が広がりつつあるのでしょう。
 そこで「70年の節目」にもう一度、思い出せと。

 以前の記事でも書きましたが、それが原爆の日だけなのが残念ですが。

深読み!もしかして安保法制との関係も?

 深読みすると、安保法制との影響も考えられます。
 戦後レジームからの脱却を謳う安倍政権は「戦争は過去」と割り切りたい。
 それを「風化させない」という反安倍派が騒いでいるという構図。

 深読みし過ぎと思いたいですが、イメージばかりが先行する昨今の世。
 安直な関連付けを真実と思う人が多くなっている風潮でもあります。

 とはいえ、AKB48といえばコアなファンも多ければアンチも多い。
 アイドルの発言の揚げ足とりをしただけとの可能性も。

8月9日は薬草の日、美白の日、鍼灸マッサージの日

 「原爆の日」以外にもいろいろな日が制定されています。
 原爆に思いを馳せるのは大事なことですが、それ以外の日と合わせるという
度量の広さを見せるというのは如何でしょう。

 ハグしながら原爆の日を思い、薬草食べてマッサージして美白になるのです。
 ムーミンの日なので、最後はムーミンを思い浮かべて過ごしましょう。
 それで世界が平和に近付くなら、被爆者の追悼にもなるというものです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ