ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

原爆の日に思うこと① 原爆投下は正当か不当か、アメリカ人の意識は?

time 2015/08/06

原爆の日に思うこと① 原爆投下は正当か不当か、アメリカ人の意識は?

 先日「原爆投下をどう思うか」というアンケートがNHKにより行われました。
 結果は「今でも許せない」の方が多いながら、互いに4割台と二分しました。

 英調査会社ユーガブが7月にアメリカで行った世論調査があります。
 原爆投下を「正しい決定」としたのは46%、「間違い」は29%でした。
 「正しい」が圧倒的に多いと予想していたので意外な結果です。

 時事通信は、英国BBC放送が「恐るべき人的被害をほとんど顧みていない」と
原爆投下を正当化する米国を非難する記事を紹介しました。

 今なお議論され意見が分かれる原爆投下の正当性。
 けれど、何をもって「正当」なのか、みなさんは理解していますか?

sponsored link
原爆投下は日本では「正当」が増え、米国では「不当」が増えている?

 2007年、久間防衛大臣が失言の責任をとって辞任しました。
 「原爆投下は戦争を終結させた」「しょうがない」と発言したためです。
 数年前の日本では「正当」を主張した大臣は辞任させられました。

 1994年にJNN、CBS、NYTが共同で行った日米世論調査があります。
 日本の回答は、「正当」が18%、「不当」が80%です。
 今年の調査ではそれが「正当」40%、「不当」49%でした。
 日本では昔の方が原爆投下は不当とする人が圧倒的に多かったのです。

 では、アメリカではどうでしょう。
 1994年の米国では、「正当」が55%、「不当」が38%でした。
 今年の調査では、「正当」が46%、「不当」が29%です。
 一見すると、横ばいのように見えます。

 しかし、18歳~29歳に限ると状況が変わります。
 「正当」が31%、「不当」が45%と数値が逆転するのです。
 アメリカでは若い人ほど、原爆投下を「不当」とする傾向が顕著です。

原爆投下が「正当」な理由

 そもそも原爆投下の正当性とは何かを知らないと話ができません。
 「正当」な理由、いわゆるアメリカの主張はある程度まとまっています。

後悔などしていない。奪った人命より多くの人命を救ったことを確信している。あの兵器を所有していながら使わずに〔日本本土上陸で〕100万人の人間を死なせていたら、道義的な過ちになっていただろう。

 広島に原爆を投下したB-29エノラ・ゲイの機長ポール・ティベッツ

さらに何百万人もの日本人が命を落としたであろう戦争を終わらせたという点に大半の歴史家は同意すると思う

 2007年 米国ロバート・ジョゼフ核不拡散担当特使

 つまり「原爆投下がなければもっと多くの被害が出ていた」という主張です。
 原爆投下時の状況は、沖縄が陥落し次は本土決戦という状況でした。

 小さい島々で戦った沖縄戦の死者は米国1万5千、日本19万と言われます。
 米軍の作戦は、九州上陸と、静岡上陸から東西分断と2案あったとされます。
 沖縄ですら20万の死者、本土決戦なら100万人というのも誇張ではありません。

 日本は昭和20年6月に国民義勇兵法を制定しています。
 これに従えば、2800万人の国民が義勇兵となって戦場にでます。
 訓練もせず武器も十分でない素人兵ですから、死者は膨大になったでしょう。
 「一億玉砕」や「一億総特攻」はスローガンだけではなかったのです。

 米国は、これは国民の意思ではなく、軍部の暴走だとします。
 この暴走を抑えたのが原爆投下であり、日本人は原爆投下で救われたと。
 これが「原爆投下は正当である」とするロジックです。

原爆投下が「不当」な理由

 「不当」な理由として出てくるのは戦時国際法です。
 原則として「人道」があり、非戦闘員への無差別攻撃は禁止されています。

 明確には、「防守されていない都市、集落、住宅」への攻撃を禁止しており、
また「不必要な苦痛を与える兵器」の使用を禁止しています。

 原爆投下は都市の中心地に行われ、多くの非戦闘員を無差別に攻撃しました。
 東京裁判では、「ホロコーストに並ぶ」とまで言われました。

 また、「正当」な理由への反論もあります。
 原爆投下を非戦闘員が多く住む都市に対し行う必要性はないというものです。

 原爆の威力を見せつけて終戦を促すなら、威嚇するだけで十分です。
 海上や無人地帯に投下しても良かったはず。
 それを都市に対して行ったことは正当化できないという主張です。

 また、広島と長崎の間は3日しかなく、連続で投下する必要も不明です。
 本当に終戦を促すのであれば、2発目は1発目の後の反応を見てからでも
遅くないはずですので、やはり正当性に疑問が出てきます。

 日本の戦略は短期決戦・早期和睦で、ずっと和睦の道を模索していました。
 犠牲者を増やさないための方策なら、いくらでもあったはずなのです。

 ⇒原爆の日に思うこと② 原爆投下は正当か不当か、日米の意識は逆転する?

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ