ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近 いまさら聞けない冥王星の基本と小ネタ

time 2015/07/15

探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近 いまさら聞けない冥王星の基本と小ネタ

 ついに探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近しました。
 冥王星の探査は史上初のこと。
 有名なボイジャーも、冥王星は探査せずに外宇宙へ飛び立ちました。

 接近観測によって、クレーターらしきものが確認されたり、衛星の大きさが
実は小さかったりと、データ上での成果も上がってきています。
 分析が進めば惑星の成長過程がシミュレーションできるかも知れません。

 ところで冥王星。
 昔は「水金地火木土天海冥」と言って、太陽系第9惑星でした。
 それが、準惑星となったのは2006年のことです。

 これから雑談でも話題に上るであろう冥王星の話。
 基本の知識と、「へ~」と言わせる小ネタを紹介します。

sponsored link
冥王星はなぜ惑星ではなくなったのか?

 1930年の発見以降、長らく太陽系第9惑星とされてきた冥王星。
 2006年の国際天文学連合総会にて、「準惑星」となりました。

 冥王星が小さくなったり、爆発したわけではありません。
 90年代に望遠鏡の精度が上がると、冥王星より外側に同規模の星があることが
わかり、続々と新たな惑星候補が発見されました。

 ついには2005年に冥王星より大きな星がみつかります。
 そこで、天文学会は太陽系の惑星を増やすのではなく、新たに「準惑星」という
カテゴリーを追加して、その代表に冥王星を据えたのでした。

250px-ThePlutinos_Size_Albedo_Color2.svg

冥王星を惑星としたのが間違い? 巨大な衛星カロン

 冥王星はかつて、太陽系で一番小さい惑星でした。
 その直径は、現在の最小惑星である水星の半分以下。
 月の2/3くらいの大きさしかない星です。

 しかし、そんな小さな星が1930年に発見されたのはなぜなのか?
 同程度の大きさの他の星は、90年代まで見つけられなかったのに。
 その理由は、冥王星の衛星カロンにあります。

 冥王星の第1衛星カロン。
 その直径は冥王星の半分程度に及びます。
 このカロンの存在が、冥王星の早期発見と大きさの錯覚を生みました。
 ひとつの星だと思っていたら、2つの星だったということです。

 ちなみに、冥王星とカロンの共通重心は冥王星の外側にあります。
 つまり、冥王星はカロンの重力に引かれてちょっと公転しています。
 地球だったら潮汐ですが、冥王星は軌道がずれてしまうのです。

冥王星とカロン

冥王星は期待外れの惑星X

 惑星Xとは冥王星発見以前に、海王星の外側にあると仮想した惑星の呼び名。
 第8惑星である海王星は、天王星の軌道分析からまだ外側に惑星があるはず、
と予測された上で発見されたという経緯がありました。
 海王星の軌道分析をすると、さらに外側にも惑星があるはずと仮想されました。

 海王星の軌道に影響を与えるほどの巨大惑星があるはずでした。
 ところが、みつかったのは小さな冥王星。
 まだだ、もっと巨大な惑星があるはず!と惑星X探しは続いたのでした。

冥王星の命名は11歳の幼女?

 冥王星は「Pluto」というのが正式名称です。
 ローマ神話の冥界の王です。

 この名前を提案したのは当時11歳のヴェネチア・バーニーでした。
 彼女の祖父は火星の衛星フォボスとダイモスを名付けたファルコナー・マダン。
 2人の会話の中から生まれ、命名権を持つ天文台へ提案して採用されました。

 彼女は2009年に亡くなられています。
 小惑星バーニーは彼女にちなんで名づけられたものです。

 ちなみに、小惑星バーニーを発見したのは日本人の上田さんと金田さん。
 この2人は小惑星を700個以上も発見しているすごい方々です。

「水金地火木土天海冥」の歌

 ところで、水金地火木土天海冥という順番を何で知りましたか?
 幼少期に、アニメの歌で覚えたという方がいるかも知れません。

 1980年から放送された「宇宙大帝ゴッドシグマ」。
 エンディングテーマ「レッド・ブルー・イエロー」のフレーズです。

 ちなみに、1979年から冥王星の公転軌道は海王星の軌道内に入りました。
 「宇宙大帝ゴッドシグマ」が放送していた時期は、太陽からの距離順なら
「水金地火木土天[冥]海」となっていました。

 とはいえ、これは250年の内の20年ほどの現象。
 太陽からの平均距離であれば「水金地火木土天海冥」で間違いありません。

 間寛平さんの「わたしは宇宙人」で覚えた方、関係ない話ですみません。
 こちらは76年なので、順番は問題ありません。

冥王星ブーム再来なるか?

 2006年の冥王星が惑星から外された時は冥王星ブームがありました。
 探査で新発見があれば、それ以上のブームとなるかも知れません。
 一般教養として冥王星の小ネタを押さえておくと、きっと役立ちます。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ