ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

任天堂の岩田社長が死去 ハル研究所というすごい会社の元社長!

time 2015/07/13

任天堂の岩田社長が死去 ハル研究所というすごい会社の元社長!

 任天堂の岩田社長が入院先の病院で死去したと発表されました。
 岩田社長は2002年に、当時42歳で社長に就任しました。
 55歳の若さで亡くなられました。

 岩田社長は、任天堂の生え抜き社員ではありません。
 最初は、ハル研究所という会社のアルバイトのプログラマーでした。
 ハル研究所も当時は起業したばかりのベンチャー企業です。

 ハル研究所は現在は任天堂のセカンドパーティ。
 このハル研究所というのはすごい会社なのですが、ご存知ですか?

sponsored link
「HAL」は有名なコンピューターの名前

 ハル研究所の英名は「HAL Laboratory」です。
 「HAL」は有名なコンピューターの名前です。

 これは「2001年宇宙の旅」という映画に登場したコンピュータの名前です。
 1968年にアメリカで初公開されましたが、その後何度も上映されています。
 不朽の名作のひとつとして有名です。

 当時はコンピュータの出始めで、人間以上の計算能力を持つ機械に、世界中が
驚きと不安を持っていた時代でした。
 この「HAL」というのは、当時から大手コンピュータ会社だった「IBM」の
三文字の、一文字前の文字をつなげたものです。
 (Iの一文字前→H、Bの一文字前→A、Mの一文字前→L)

 ハル研究所のHALも「IBMの一歩先を行く」という意味で名付けられました。
 設立は1980年ですから、映画の事は当然知っていたでしょう。

 ちなみに、映画の「HAL」は暴走して大変なことになります。
 多くのオマージュ作品を生んだストーリーですね。

 

和製Windows?HALNOTEの衝撃

 パソコン周辺機器やゲームを発売して有名になってきたハル研究所。
 「MSXをMacintoshにする」という触れ込みで、HALNOTEを開発します。

 ハルノートといえば、太平洋戦争前に日米交渉で米が出した提案のこと。
 日本はこれを最後通告とみなして開戦を決定したという経緯があります。
 この命名の意図はどのように受け止めればいいかは語られていません。
 というのも、ほとんど売れなかったからです。

 ちなみに、MSXというのは1983年発売の家庭用コンピュータです。
 当時は「日本製で最も売れた8ビットパソコン」と言われました。
 MSXは海外展開もされ、冷戦時代は16ビット以上のコンピュータは禁輸対象
だった東側諸国にも教育プログラムなどとして導入されていました。
 このMSXにGUIを提供するのがHALNOTEですから、もしかしたら
Macintoshへの宣戦布告だったのでしょうか。

 一応補足ですが、ハルノートは「Hull Note」です。綴りは別物です。

プログラマーが経営者

 1992年、岩田さんがハル研究所の社長になりました。
 岩田社長は、それまで経営にはほとんど携わってきませんでした。
 多額の負債を抱えたハル研究所を任天堂が支援する際に、任天堂側が提示した
条件が岩田さんを社長にすることだったと言われています。

 プログラマーは経営やマネージメントに向いていないと言われます。
 しかし、ジョブスもゲイツも元はプログラマーです。
 そして岩田社長もプログラマーから社長になりました。

 社長になって以降も自身でプログラミングを行いました。
 また、デバッグやコードレビューという他者のプログラムのチェックも
行っていたそうです。
 そして、経営手腕は高く評価され任天堂に入社し2年で社長に就任します。

 

 その後のハル研究所は任天堂のセカンドパーティとして活躍しています。
 「星のカービィ」シリーズなどが有名です。

 岩田社長を育て、岩田社長が育てたハル研究所も、すごい会社でした。

sponsored link

コメント

  • hey Jan,mooie clip en ook nog eens opgenomen op Terschelling! Prachtige beelden.De beste wensen, ook voor je gezin, maak er iets moois van in 200b.Liefs,Re1ekka Postmauit Arnhem

    by Storm €2016年6月19日 18:41

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ