ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

スポーツ界で100年後に名を残す現役レジェンドは誰?その3 香川?武?内村?

time 2015/07/10

スポーツ界で100年後に名を残す現役レジェンドは誰?その3 香川?武?内村?

 はるか昔に活躍していたのに、名前を知っているスポーツ界のレジェンド達。
 野球の王貞治、空手の大山倍達、相撲の大鵬、サッカーの釜本。

 私達の時代にも未来のレジェンドは現在進行形で活躍しています。
 現役選手で未来の子供たちの語り草となるであろう「レジェンド」は誰か?

 同時代で活躍する現役「レジェンド」と伝説の所以を紹介します。

 その1では、野球のイチローを紹介しました。
 その2では、将棋の羽生善治。
 その3では…。

sponsored link
現役レジェンドその3 吉田沙保里(レスリング)

 霊長類最強女子という異名を持つ吉田沙保里さんです。
 ALSOKのCMで有名です。

 レスリングはオリンピックの時くらいしか注目を浴びることがありません。
 数年前には、そのオリンピックからも除外されそうになりました。
 将棋以上にマイナー競技ではないかという思いもあります。
 その上、選手はアマチュアです。

 しかし、それでもすごいものはすごい。
 そんな吉田沙保里さんの記録とエピソードを紹介します。

①オリンピック3連覇

 柔道男子60kg級の野村忠宏、レスリング63kg級の伊調馨に続く3人目。
 伊調馨は同じロンドン大会での達成でした。
 ちなみに、ロンドン五輪では1セットも取られずに完全優勝でした。

②2007年 世界選手権5連覇達成 女子としては史上初
 2014年までに12連覇達成、 五輪を含めて15連覇達成。
 これは、男女含めて世界最多記録で現在も更新中。
 

③公式戦119連勝 国際大会27連続優勝

 2001年に全日本女子選手権で負けてから、次に負けたのは2008年。
 この敗北は国際大会での初黒星となりました。
 その後、58連勝をして2012年に敗北して途切れました。

よく比らべられる伊調馨って?

 ロンドン五輪で揃って3連覇を達成した伊調馨さん。
 こちらの方も、飛びぬけた記録を持っています。

 ①オリンピック3連覇

 ②世界選手権9度の優勝

 ③非公式ながら174連勝
 怪我による不戦敗があるので非公式です。不戦敗後は95連勝。

 ④選手が伊調選手の階級を避ける
 伊調選手と戦っても勝ち目はないと、階級を避ける選手が続出。
 2014年末の天皇杯全日本レスリング選手権ではエントリーは7人。
 2015年6月の全日本選抜では3人しかいませんでした。

 ネットでは吉田選手に勝てないから階級を上げたと言われています。
 実際に、15年ほど前に2度対戦して2度とも吉田選手が勝利しています。
 その後、伊調選手が56kg級から63kg級に変更したのも事実。
 但し、その頃はまだ10代ですから単に成長しただけかも知れません。

 リオ五輪ではルール変更で階級が増えたことにより、63kg級から、
58kg級へ変更することを表明しました。
 それまでは63kg級のひとつ下は55kg級で吉田選手の階級でした。

 年齢が上がってから階級を下げることは非常に珍しいことです。
 つまりは、元々がベスト体重は63kgより低かったのでしょう。

 吉田選手は53kg級へ。
 当然ですが、オリンピック3連覇の2人を同階級にする理由がありません。
 もう公式戦で2人の対戦が見れることはまずないでしょう。

霊長類最強女子ってなに?

 「霊長類最強の男」と異名を持つアレクサンダー・カレリンが語源です。
 カレリンはロシアのレスリング選手で、130kgでした。

 オリンピック3連覇、世界選手権9連覇、欧州選手権10連覇。
 13年間無配、連勝記録は300以上、76大会連続優勝。
 吉田選手の記録も霞むようなとんでもない選手です。

 吉田選手が世界選手権9連覇の記録に並んだことから、マスメディアで
「霊長類最強女子」と言われるようになったようです。

 ちなみに、「霊長類最強の男」というのは日本だけのニックネームです。
 海外のマスメディアでは「The Experiment」と呼ばれていました。
 「実験体」のような意味でしょうか。

リオ五輪で4連覇に期待

 吉田選手はルール変更で53kg級へ変更しました。
 通常は階級を上げるものを下げたわけで、それを心配する声もあります。
 しかし、4連覇となればとてつもない偉業です。

 過去に4連覇を達成したのは男子で2人。女子は達成すれば史上初。
 そんな大記録に伊調馨選手と揃って挑戦するのですからすごいことです。

 ちなみに、4連覇を成し遂げた1人は、有名なカール・ルイスさんです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ