ナレッジ ウォーカー 「時事散策」

なでしこジャパン2015ワールドカップ決勝進出!世代交代失敗は風評被害?

time 2015/07/03

なでしこジャパン2015ワールドカップ決勝進出!世代交代失敗は風評被害?

 なでしこジャパンがW杯決勝進出を決めました。
 トーナメントに入ってからは接戦続き。

 4年前の優勝も同じように苦しい戦いの連続でした。
 その結果は劇的な優勝!
 当時は震災の影響で日本中が沈む中で、明るい話題を届けてくれました。

 今回のW杯もそのときの多くのメンバーが引き続き活躍しています。
 それゆえに、戦前は「世代交代に失敗!」とメディアに取り上げられました。
 確かにメンバーを見れば、前回メンバーから17人が選出されています。

 しかし、メンバー選出だけで世代交代失敗と決めるのは尚早です。
 実際に大会を勝ち進める中で、誰が試合に出ているのでしょうか。
 新メンバーは活躍しているのか? ベテランに依存したままなのか?

sponsored link
世代交代とは若返りのこと

 世代交代とは、単純に新しい選手と入れ替えろという話ではありません。
 「世代」の交代ですから、主力を若い選手に切り替えていくこと。
 今現在の主力選手でも若い選手はそのまま経験を繋げていけば良いのです。

 連続出場の熊谷選手や岩渕選手はまだ20代前半。
 4年後のチームでも主力を担う可能性が高いです。

 逆に今大会から選出されて大活躍の有吉選手は今が20代後半。
 フレッシュではありますが、世代交代とは言えません。
 女子の話なのに申し訳ないですが、シンプルに年齢の話なのです。

実際に試合に出ているのは誰?

 若いメンバーを新たに選出しても試合に出れないと世代交代は進みません。
 何せ17人が連続出場。ピッチに立てるのは11人です。
 交代枠を含め、前回と同じメンバーだけ出場というのもありえます。

 そこで、選手の出場状況の比較表を作成しました。

なでしこW杯比較

 黒字のメンバーは連続出場  赤字はいずれかの大会のみ出場
 ○はフル出場 数字は交代時間

本当に世代交代は失敗しているのか?

 
 まずはGKですが、海堀選手が前回大会に続いての最多出場。
 今回は長身の山根選手に正GKが替わるのではと期待されましたが、
軽い脱臼で2試合目を回避したまま出番が来ていません。
 
 記録だけ見れば世代交代は進んでいないようですが、GKは選手寿命が
長いポジションですから、気にしなくても良いでしょう。

 DFは有吉選手がゴールも決めて大活躍しています。
 ただ、年齢的には若返りとは言い難いです。

 北原選手はエクアドル戦の前半のみ。
 川村選手はスイス戦の途中出場とエクアドル戦のフル出場。
 エクアドル戦は予選突破が決定後の消化試合なので物足りなさがあります。

 MFの長里選手はエクアドル戦の後半途中出場のみ。
 W杯の雰囲気を味わったという程度ではないでしょうか。
 姉妹でW杯のピッチに同時に立ったことも話題になりました。。

 FWは菅沢選手が1ゴールを決める活躍を見せています。
 しかし、フル出場はエクアドル戦のみ。
 それ以降も出場機会が与えられていません。

それでも「世代交代失敗!」ではない

 フレッシュなメンバーは有吉選手が主力に食い込みましたが、
それ以外はサブのポジションであり厳しい状況です。
 しかし、若手を連れていくべきという論調は誤りです。

 W杯は最高峰の大会ですから、若手育成をする場ではありません。
 メンバー選考は現時点の最高の選手から選びぬいているのです。

 そして重要なのは「失敗」とは何か。
 勝負の世界では「失敗=敗北」です。
 なでしこジャパンは勝利し続けています。

 つまり、世代交代に失敗していない、
 世代交代なんて必要なかったのです!

 このまま優勝すれば、世代交代失敗論者を黙らせること必至です。

ちなみに

 サッカー男子の世代交代はどうなのでしょうか。

 前回W杯に2大会連続で出場した選手は9人です。
 平均年齢は27歳前後と、世界でも平均的です。
 前回大会の時は28歳弱なので、やや高めでした。

 前回優勝のドイツは、2大会連続は10選手です。
 にも関わらず、平均年齢は24.8歳!
 若いチームが優勝しました。

 ちなみに準優勝のアルゼンチンは平均年齢は28歳を超えています。
 今大会の出場国中最高で優勝したら最高齢記録だったそうです。

 この範囲内であれば、年齢は関係ないようです。

 

※この記事はデータだけに着目して執筆しています。
 個々の怪我・疲労やイエローカードの累積などは考慮していません。
 どうかお手柔らかにお読みください。
 なでしこ、がんばれ!

sponsored link

コメント

  • この人、五輪予選敗退の結果見て、何て言うつもり何だろう。

    by ノラ €2016年3月9日 13:36

  • ワールドカップで準優勝したチームが、9ヵ月後にアジア予選で敗退する。
    「世代交代の失敗」で済ますのは、原因分析が安易な気もします。
    主力選手がこの9ヵ月で一気に衰えたというならわかりますけど。

    結果論ですが、絶対的存在に頼ったチームだったのが大きいのでは。
    チームが研究され、それを上回る向上ができなかったのもあったでしょう。
    どちらも「世代交代の失敗」の一側面とも言うこともできると思います。
    でも、それが原因分析では安易に過ぎると思うのです。

    世代交代するだけで、日本はまた強くなる。
    そうであれば、嬉しい限りですけど。
    その背景には選手層の厚さ、世代別の強化などがあって然るべきです。
    日本女子サッカーの裾野が、2011年以降で飛躍的に広がったとも思えないのです。

    by 編集長 €2016年3月13日 11:11

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

アーカイブ